SEARCH
農薬不使用の牧草育ち!希少な有機生乳で作ったバター

アメリカでベストセラーとなった『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(デイヴ・アスプリー著)が日本でも話題となり、書籍中で紹介されている、“バターコーヒー”が注目を集めている。

バターコーヒーは、コーヒーに“グラスフェッドバター”を入れたもの。必要となるのがグラスフェッドバターだが、耳慣れない言葉に何ぞや?と思った人もいることだろう。

グラスフェッドとは牧草飼育のことで、牧草を食べて育った健康な牛の生乳から作られたバターがグラスフェッドバター。

大地を守る会は、農薬を一切使わない牧草を食べ、放牧で育ったジャージー牛の有機生乳で作った「グラスフェッド 清里キープ農場ジャージーバター(有塩)」100g/1200円(税抜)を5月8日(月)より発売。

標高1400m、富士山・南アルプス山脈・秩父の山々を見渡す八ケ岳の南麓にあるキープ農場では、牛たちの糞でたい肥を作り、農薬・化学肥料を使わずに育てた牧草を飼料にし、ホルモン剤や病気予防のための抗生物質の投与は行っていない。

農場(飼料・飼育方法)から製品の加工に至るすべての工程で、厳しい有機JAS規格を満たしており、絞られた牛乳は低温殺菌を行い、国内では希少な有機JAS牛乳としても販売されている。

今回、発売された同商品は、その有機生乳を使用した深い味わいのバター。

ジャージー牛は一般的な乳牛に比べて乳脂肪分が多く黄色みが強いのが特徴。沖縄県の海水塩を使った有塩タイプなので、そのままパンに塗ったり、コーヒーに入れてもおいしく味わえる。

安全や安心にこだわり抜いた、美味しいバターを楽しんでみたい。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable