SEARCH
感動!セイコーウオッチがデザインの裏側をWEBで発信


6月10日の「時の記念日」を皮切りに、セイコーウオッチがデザインの裏側を披露するWEBサイト「by Seiko watch design」が公開された。

同サイトでは、デザイナー視点でセイコーウオッチのこだわりや魅力について発信。訪問者は、デザインを通してセイコーウオッチの真髄に触れることができるという。現在は3つのコンテンツを公開中。

例えば、Vol.1の「虫の視点で、時計をデザインする。」では、腕時計という限られた極小空間の中で、これまた極小の精密機械とせめぎ合いながら、いかに独自のデザインを生み出していくか…。


そんな、100分の1ミリまでこだわるデザインの醍醐味をデザイナーの久保 進一郎が詳しく解説。一度読めば、その緻密さや商品への思い入れの深さに思わず感動してしまうこと必至!?



また、Vol.2の「異名を持つ時計たち。」では、商品名や品番とは別の「異名」で呼ばれ、愛される時計について、デザインの観点から徹底検証。


「ツナ缶」「モンスター」「サムライ」「タートル」…など、公式に掲げていた訳でもない名称がなぜ自然発生的に浸透したのか。その理由についてデザイナー 文珠川 智と岸野 琢己が想像を交えて語り合う。サイトのデザイン自体もオシャレでユニーク!



残るひとつ「Archive Collection Vol.1」では、1913年に日本初の国産腕時計を生み出してから100年以上という、セイコーの長い歴史の中で生まれた数々の独創的な時計について、その造形に込められた思いを紹介。こちらも腕時計好きにはたまらない内容となっている。

同サイトでは今後も定期的に情報を更新し、セイコーのデザインに対する思いを発信していくそうなので、興味のある人はぜひこまめにチェックしてみて!

「by Seiko watch design」( http://www.seiko-design.com )

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable