流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

奇想の画家・伊藤若冲の展覧会が4都市の髙島屋で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


日本美術ブームを牽引する奇想の画家・伊藤若冲の没後220年を記念した展覧会「京都の若冲とゆかりの寺-いのちの輝き-」が、京都・大阪・日本橋・横浜の髙島屋にて順次開催される。

生命力に溢れる選りすぐりの若冲作品約50点が一堂に


この展覧会では、若冲とゆかりの深い、京都の8ヶ寺(横浜会場のみ7ヶ寺)に伝わる名品や若冲蒐集で国内外に知られる京都の細見美術館の所蔵品のほか、若冲派と呼ばれる弟子たちの作品が集結。


緻密に描きこまれたディテール、微笑ましいユーモラスな表情など、仏教信仰に裏付けられた優しくも生命力にあふれる選りすぐりの若冲作品約50件が堪能できる。

京都は7階グランドホールにて2020年1月4日(土)~20日(月)に、大阪は7階グランドホールにて2020年2月21日(金)~3月8日(日)に、日本橋は本館8階ホールにて2020年3月18日(水)~4月6日(月)に、ラストは横浜髙島屋の8階ギャラリーにて2020年4月22日(水)~5月11日(月)の期間開催される。

入場料は共通で、一般1000円、大学・高校生800円、中学生以下無料。

数年前から展覧会が長蛇の列になるほど人気の高い伊藤若冲を、令和の世に再度改めて鑑賞するよい機会になりそうだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事