トレンドニュースサイト STRAIGHT PRESS【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

糖質と脂質がほぼゼロ。”フルーツミート”使用のメニューを東京都渋谷区のカフェで提供

このエントリーをはてなブックマークに追加


「地球と⾝体にやさしい、新しい⾷のスタンダードを創造する」というコンセプトを掲げて、サステナブルな⾷を発信・研究するSustainable Food Asiaは、カフェ・カンパニーの協力のもと「ジャックフルーツ」から生まれた糖質と脂質がほぼ“ゼロ”の食物繊維たっぷりで低カロリーな新⾷材「フルーツミート」を使ったメニューを日本で初めて開発。

カフェ・カンパニーがグッドイートカンパニーとともに手がけるカフェ「PUBLIC HOUSE Yoyogi Uehara」にて、11月14日(火)のディナーより提供を開始する。

豊富な栄養素を活かした代替肉



「ジャックフルーツ」は⽇本では馴染みが薄い食材だが、台湾や東南アジアの国々では⼀般的な果物だ。

Sustainable Food Asiaは、この「ジャックフルーツ」の可能性に注目し、フルーツとしてだけではなく豊富な栄養素を活かした代替肉として商品開発を行った、シンガポールやマレーシアに拠点を置くIraNoah社と提携し、日本で唯一、輸入・販売を手がけることに。

食物繊維が豊富で糖質脂質はほぼゼロ

この代替⾁「フルーツミート」が⽣まれた背景には、⼀部の地域で問題になっている「ジャックフルーツ」の廃棄が発端の環境破壊が背景にある。

「フルーツミート」は、とてもヘルシーだ。⾷物繊維はごぼうよりも豊富で、低カロリー。そして糖質と脂質はほとんどゼロという健康的な商品だ。通常であれば捨てられてしまう食材を、代替⾁という全く別の⾷品にアップサイクルしたサステナブルで健康的な商品でもある。

サステナブルな⾷材を提供

世界的にSDGsの取り組みが進む中、⼈⼝拡⼤が続き、2050年には⼈⼝100億⼈近くまでになると⾔われているが、特に⾷料課題は世界の課題だ。Sustainable Food Asiaは、サステナブルな⾷材の開発研究を⾏っている⽇本や東南アジアの企業と協⼒することで、サステナブルな⾷材の提供をいち早く可能とするべく活動している。

また、サステナブル⾷材のソーシングから加⼯、販売するためのプラットフォームの構築、アジアエリアのスタートアップ企業のソーシングや、⽇系⼤⼿企業のアライアンスを⽀援する国際カンファレンスの展開も⾏っている。

豊富な栄養素を持ち、奇跡の新食材として誕生した「フルーツミート」に注目してみて。

■PUBLIC HOUSE Yoyogi Uehara
住所:東京都渋谷区⻄原3-11-8 B1F GOOD EAT VILLAGE内

(よしだゆうこ)

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事