SEARCH
チャットのやりすぎに注意!うつ病との因果関係が判明

オンラインのチャットとうつ病には、密接な関係があることがわかった。

ミズーリ科学技術大学が216人の学生を対象に調査をおこなったところ、うつ病の症状がある参加者は、長時間チャットをしており、メールチェックも頻繁にしているほか、ネットサーフィン中に画面を切り替える回数が多いということが判明。

調査員によると、「注意散漫になったり、決断力が欠けたりというのは、うつ病の症状である」という。また、過度のチャット利用は、現実の世界での孤独感を引き起こすと指摘。ただし、チャットがうつ病の原因になるのか、もしくはその逆なのかについてはまだわかっていないそうだ。

チャットやメールチェックを頻繁にするという人は、一度パソコンの電源を切って、気分が落ち込んでいないかチェックしてみるといいかもしれない。

参照元:Excessive Chatting Online Linked To Depression: Study(2012年5月21日)-The Huffington Post

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable