SEARCH
祝・世界遺産登録1周年!!富士山を身近に感じられるスポット特集

富士山が世界遺産に登録されてちょうど1年。富士山吉田口では山開きも行われ、いよいよ本格的な富士登山シーズン到来!とはいっても、装備も体力も「富士山頂まではちょっと…」な人も多いハズ。そこで編集部では、富士山を身近に感じられるスポットを特集してみた。これなら思い立ったら即行けるはず。

1.【ハイランドリゾート ホテル&スパ】期間限定メニュー
まずご紹介するのは、富士山の玄関口に位置する富士急ハイランドのオフィシャルホテル「ハイランドリゾート ホテル&スパ」。現在このホテルでは、「日本料理」「中国料理」「洋食」の3つのレストランにて、富士山世界遺産登録1周年を記念した期間限定メニューを販売中。間近に富士山を見上げながら、「見て楽しい・食べて美味しい!」期間限定の富士山メニューの数々を楽しんで。富士急ハイランドとセットでGo!!(http://www.highlandresort.co.jp/)

2.【ぐりんぱ】「アリス・ト・テレス」
次は、富士山南麓の遊園地「ぐりんぱ」に7月18日(金)オープン予定の立体アスレチック「アリス・ト・テレス」をチェック。
「ぐりんぱ」には現在、考えるアスレチック「ピカソのタマゴ」、立体カラクリ迷路「ココドコ」と、体を使って遊ぶアトラクションがあり、「アリス・ト・テレス」はこれに続く、アスレチックシリーズの第3弾となる。
子供もアスレチックが満喫でき、親も富士山二合目に位置するこの施設からの雄大な富士山が眺められる、夏でも涼しいファミリー向けの施設。(http://www.grinpa.com/attraction/aristoteles/)

3.【カドカワ・ミニッツブック】「野営女(ヤエージョ)オススメ! 富士山で、クウ、ネル、キャンプ!!【山梨編】」
最後は、富士山を望みながらのキャンプ情報がゲットできる電子書籍をご紹介。全国各地でキャンプをしてきた著者が、キャンプ場の特徴とともに、食料調達に便利な地元スーパーやのんびり入れる温泉を、コミックエッセイで紹介。手軽に楽しく過ごすための、ちょっとしたコツや簡単裏技も大公開。お一人様でも、家族でも、おすすめ度が一目でわかるアイコン付き。夏休みにキャンプを、と思っている人、ぜひチェックしてみて!!(http://j.mp/UL1CQb)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable