SEARCH
ビール好き必見!221種類の詳細データがわかる「日本のクラフトビール図鑑」が面白い

最近、熱い注目を浴びているクラフトビール。ブルワリーの新設も相次ぎ、現在日本には180軒を超えるブルワリーが存在しているのだとか。小規模なブルワリーのみならず、大手ビールメーカーも市場へ参入するなど、ブームはまだまだ続きそうだ。

職人気質のある日本でつくられるクラフトビールは、海外からも高く評価されており、「ワールドビアカップ」をはじめとする世界大会で認められるケースも多い。

まさに人気急上昇中の、メイド・イン・ジャパンのクラフトビール。詳しく知りたい人におススメなのが、6月18日(木)発売の「日本のクラフトビール図鑑」(日本ビアジャーナリスト協会監修/税込1750円)だ。

同書籍には、日本全国164軒のブルワリーから集めた221種類のクラフトビールのこだわり、スタイル(分類)、香り、飲み頃の温度、ラベルデザインなどの詳細データと、クラフトビールを楽しむための基礎知識やコラムが収録されている。

ビールが大好きだという女性編集者の2年越しの企画が実現したもので、本書のために飲み歩いた結果、5kg太ったという渾身の一冊は、世のビール好き必見!

ビールをこよなく愛するビール通はもちろん、「最近クラフトビールが気になっている」人向けの入門書にもぴったり。電子書籍版も同時発売しているので、気になる人はコチラ(https://book.mynavi.jp)もチェックしてみよう。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable