SEARCH
ガードルは職業別に選ぶ時代?! セシールから、お仕事スタイルに合わせて選べるガードルが誕生!

ぽっこりお腹や垂れかけたヒップを補正してくれるガードルは、悩める女性の救世主とも言える存在。普段から愛用しているという人も多いだろう。

でも「セシール」のインナーカタログ「セシレーヌ2016 VOL.1」およびセシールオンラインショップ(http://www.cecile.co.jp/)にて、12月1日に発売されたガードルは、既存の商品とは一線を画す一風変わった新商品。

働く女性の姿勢に着目し、それを「立つ・歩く」、「動き回る」、「座っている」の3つのスタイルに区分。それぞれの姿勢に合わせた補整機能と“ラクに動ける”快適さを両立させた「職業別ガードル」なるものだ。

ロングガードル(立ってラク/股下約16cm)は、立ち仕事や、たくさん歩く日用。裏当てが骨盤まわりを補整して、ヒップを持ち上げながら太ももを引き締めてくれる。お腹もパワーネットの裏当てですっきりシェイプ。また、自然と足が前に踏み出すような、さっそうとした歩行もサポート。

ハイウエストショートガードル(動きにラク)は、家事に追われる主婦や看護師、保育士など、動きまわることが多い人にうってつけ。腰まわりは、芯地パネルの裏当てと外付けのテープでサポート。足口はハイレグパターンを採用し、足さばきをラクに。ヒップをぐるっと幅広の裏当てで包み、動きによる揺れや下垂から守る。しゃがんでもずり下がりにくい仕様。

ハイウエストショートガードル(座ってラク)は、座っている時間が長い人にぴったり。布製ボーンとテープが曲がりがちな腰や骨盤まわりを起こすようにサポート。座り続けてもお腹や腰に負担がかかりにくく、脚の付け根もつらくなりにくいという。

いずれも価格は税抜2990円~3490円、カラーはアッシュブルー、ペールライラック、ショコラマイルドの3色展開となっている。

これからガードルは、働くスタイルに合わせて選ぶのが正解なのかも?!アナタにぴったりなのは、いったいどのタイプ?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable