流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

無料開放も!都内最大級・200本のマグノリアで春を満喫

このエントリーをはてなブックマークに追加


京王相模原線「京王多摩川」駅すぐにある「京王フローラルガーデン アンジェ」。もうすぐ、都内最大級の30種類200本のマグノリアが見ごろを迎える。

マグノリアとは、コブシ・モクレンなどの総称で、白やピンクの春らしい花色、多彩な花形、甘い芳香があり、桜より一足先に春を告げる花。白色系→ピンク色系→黄色系の順に、3月下旬から4月下旬までが見ごろで、白色系の「ワダスメモリー」につづいて「サヨナラ」、最後に黄色の「エリザベス」などが、空を覆うように次々と開花する。

今年は開園15周年を迎えるため、3月26日(日)、4月2日(日)の両日は園内無料開放も。当日はガーデン見学ツアーやガーデンコンサートの実施など、楽しいイベントが盛りだくさん。そのほか、園内の樹木・草花が美しい春の季節にあわせて、各種イベントも開催される。

営業時間は10時~17時30分(入園は17時まで)、休園日は水曜、年末年始(12月29日~1月3日)[※4月・5月・10月は無休]。入園料は大人500円、小人100円となっている。

あの独特の香りのファンも多いハズ。都心部では難しい、多くのマグノリアが一度に見られる機会なので、ぜひ一度訪れてみたい。

■『京王フローラルガーデン アンジェ』
住所:調布市多摩川4-38

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事