流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が両国に期間限定オープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京・両国駅西口の商業施設「-両国- 江戸NOREN」に隣接するイベント広場「両国駅広小路」に、6月15日(金)~8月31日(金)の期間限定で、“浮世絵世界”の中で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋」がオープンする。

江戸にまつわる史跡が多く、「猫の恩返し(回向院の猫塚)」をはじめ、猫とも縁の深い街として知られる両国。そこで、“両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。そんな噂を聞きつけた旅人が全国から覗きに来る”というコンセプトのもと、「江戸ねこ茶屋」は出来上がった。

長屋をモチーフにした建物は、「ねこ茶屋」「ねこ遊郭」「ねこ湯」「ねこ長屋」「ねこ広場」などのゾーンに分かれている。その中で浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の町並みと雰囲気を表現。

そこに猫用の出入口や通り道、階段などを配置し、まるで江戸世界で生活する猫たちを眺めているような不思議な感覚の体験ができるようになっている。もちろん一緒に遊んだり、写真を撮ってもOK!会場内はどこでも猫との写真を撮ることができるほか、使用した浮世絵の解説を通して、江戸から続く人と猫との深い関係も知ることが出来る。


また、6月15日(金)~17日(日)の3日間限定で、「江戸ねこ茶屋」来場の各日先着100名に、「-両国- 江戸NOREN」での 500円お買物券もプレゼント!

昔から常に人間の営みに寄り添ってきた猫たち。この機会に、江戸情緒あふれる浮世絵の世界で猫とのひとときを楽しんでみてはいかがだろうか。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事