流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

益子で生まれた新しい器「BOTE & SUTTO」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


良品計画が展開している「イデーショップ 六本木店」で、益子で生まれた新しいブランド「BOTE & SUTTO(ボテ&スット)」が1月25日(金)に発売される。


「BOTE&SUTTO」はその名前の通り、ぼてっと丸みを帯びた形と、すっとラインの通った形の2タイプの益子焼を展開。


益子で使われている主な7色の釉薬のうち、一番益子の定番と感じる黒と並白の2色を用いること、益子の土を使うこと、型を使わないこと、器の幅、といったガイドラインを設定し、それに沿って3つの窯元が制作している。


作品はすべて手作りでどれも味わい深く、ますます多様化する日常の食卓でも長く使える器シリーズとなっている。


今回発売されるのは、デザイナーでありプロジェクトのディレクターでもある深澤直人さんと益子町と作陶家たちが一緒に作り込んだ計36種類の器たち。

発売初日には、発売を記念したトークイベントも開催。益子町長のほか、深澤直人さんらが登場して18:30から行われる。

4月から新生活、という人も多いはず。食卓でマルチに長く使える「BOTE&SUTTO」とともに人生の新たなステージを迎えてみてはいかが?

■「イデーショップ 六本木店」
住所:東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン Galleria 3階

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事