流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

樹木希林の人生哲学が詰まった一冊「樹木希林 120の遺言」

このエントリーをはてなブックマークに追加


故 樹木希林さんの生前の言葉をまとめた書籍「樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ」が1月28日(月)に発売される。


本書では『NHKスペシャル「“樹木希林を生きる”」』や、朝日新聞の連載『語る 人生の贈りもの』のインタビュー、雑誌、専門誌、フリーペーパーでの発言に至るまで、多岐に渡るメディアから心に響く樹木さんのメッセージを厳選。


『寺内貫太郎一家』について語った1974年の対談から2018年に亡くなるまでの120の言葉を収録し、本書でしか読むことのできない名言が満載の一冊となっている。


仕事、家族、夫婦関係、生きることと死ぬことについてや、誰もが人生で直面する「壁」をどう乗り越えればいいのかなど、“ありのままの自分”を貫き、最期まで“自然体”で生きた樹木さんの率直な言葉には、彼女の人となり、そして人生哲学が詰まっている。

また生前親交があった養老孟司さんからの寄稿や、家族提供の秘蔵写真も収録。定価は1200円(税別)。

一人の人間が生きた証、人生の道しるべとなる必読の一冊だ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事