流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

80歳までは現役で!NEXCO東日本が逆走・免許返納に関する調査実施

このエントリーをはてなブックマークに追加


NEXCO東日本は、高速道路での逆走の過半数(66%)が65歳以上のドライバーによるものという事実を踏まえ、ドライバー本人だけでなく、その家族にも逆走防止のためのアクションを呼びかける「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクトを2018年10月より展開中。

その一環として、高齢ドライバー(65歳以上の男女104名)と65歳以上のドライバーを親に持つ子ども世代(30~50代男女312名)に対し、車の運転に関する意識調査を実施した。


65歳以上のドライバーに車の運転に対して「車の運転に自信はありますか?」と聞いてみたところ、76.0%が「自信がある」と回答。特に、男性ドライバーの80.7%が「自信あり」と回答した。


年齢別で確認してみると、66~69歳のドライバーは73.5%、70~74歳は75.0%、75歳以上は79.4%が「自信がある」と回答し、男性ドライバーおよび年齢が高いドライバーが「運転に自信あり」と思う傾向が高いことが伺える結果となった。高齢ドライバーによる車の逆走などが実際に起こっているが、高齢になればなるほど運転には自信があるというのが現状のようだ。


また「免許を返納しても良いと思う年齢」を聞いたところ、平均は約80歳だった。車の運転には自信があり、80歳までは車の運転は現役でいたいと思っている高齢ドライバーが多いことが判明した。


さらに65歳以上のドライバーを親に持つ30~50代(子ども世代)に「親の車の運転が危ない」と本人に伝えたことがあるかを聞いたところ、8割以上が伝えたことがあるという結果に。一方、高齢ドライバーに自身の車の運転について、子どもから「危ない」「気を付けた方がいい」など伝えられたことがあるかを聞いたところ、約76%の高齢ドライバーは「伝えられたことがない」と回答した。

子ども世代は高齢ドライバーに車の運転について注意喚起をしていても、高齢ドライバーは自身の運転に自信があるせいか、子どもが親の運転を心配していることは残念ながら伝わっていないのかもしれない。

高齢になれば、視力や体力の低下とともに車の運転能力も下がるのはあたり前。NEXCO東日本では、車の運転や逆走防止、また免許返納について日頃から家族で話し合うことを推奨している。

『NEXCO東日本「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクト 特設サイト』
( https://www.e-nexco.co.jp/family_nakusogyakuso/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事