流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

ペットと家族が一緒に眠れるお墓「ゆうあいの森」誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの場合、悲しいことながらペットは飼い主よりも先に亡くなってしまう。最期を看取ったあとはやはりきちんとお墓に入れて供養をしたいと思う人も多いのではないだろうか。

2019年で開園35周年を迎える兵庫県川西市の川西中央霊園内では、ペットの埋葬はもちろん、ペットと家族が同じお墓に入ることができる新区画「ゆうあいの森」の申し込み受付を開始した。

「ゆうあいの森」では、ニーズに応じて好きな区画やデザイン、プランを選ぶことができる(プランはアンドペットのみ選択可)。


ペット合葬墓「ゆうあいの碑」では、ペットの遺骨を永代供養塔に合祀。年に1回、僧侶による合同供養も行われるので安心だ。希望すれば、ペットの名前(または戒名)を刻んだプレートが設置できる(別途費用2万5000円、プレート設置期間は3年間)。


ペット墓(集合タイプ)「ほほえみ」は、ペット専用の集合タイプのお墓。遺骨は合祀せず、個別に納めることができる。使用期限は10年間(延長可)。期間中の管理費は不要で、期間終了後はペット合葬墓「ゆうあいの碑」に遺骨が移される(無料)。

ペット墓(単独タイプ)「のぞみ」は、石碑が独立した、ペット専用のお墓。使用期限は30年間(延長可)で、30年分の管理料5万4000円(1年あたり1800円)を別途支払う。期間終了後はペット合葬墓「ゆうあいの碑」に遺骨が移される(無料)。


「アンドペット」は、家族とペットが一緒に入ることができる新しいタイプの墓だ。代が続く限りお墓を利用できる「代々墓プラン」と、石碑も遺骨も永久に残る「永大供養プラン」の2つの料金プランから選べる。

日々心を癒してくれるパートナーであるペットは家族も同然。同じお墓に入りたいというニーズの高まりも納得できる。いつかくる日のために準備をしておくのも安心かも。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事