流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

ポーラ美術館でキャンプ!1泊2日で自然&アートを満喫

このエントリーをはてなブックマークに追加


​神奈川県・箱根町にある「ポーラ美術館」では、美術館の敷地である富士箱根伊豆国立公園の森で宿泊キャンプが体験できるアウトドアイベント「FOREST MUSEUM 2019」を、9月7日(土)・8日(日)に1泊2日で開催!


今年で3回目となる「FOREST MUSEUM」は、美術館の敷地のなかでテント泊ができるだけでなく、ハンモックや読書、夜の美術館での貸切ギャラリートーク、野外映画上映など、自然とアートを両方楽しめるプログラムが満載。


また、今年は初めて参加者が一体となりアート作品を創り上げるワークショップ「PiKAPiKA☆ポーラ美術館2019」を行う。


このワークショップは、ペンライトで絵を描くことでアニメーションをつくるアーティスト・TOCHKA(トーチカ)によるもの。作品はその場で制作されるBGM音楽とともに、当日の夜に野外映画のスクリーンで上映される。


そのほか、良質な温泉を堪能できる「箱根湯寮」や、富士屋ホテルの焼きたてパンの朝食など、箱根ならではのお楽しみも魅力。「森のCafé&Bar」もオープンし、「森の図書館」では自然の中で本を読む贅沢な時間を過ごすことができる。


参加費は1人2万3000円(税込)で、参加人数は限定24組。申込期間は6月21日(金)10:00~7月13日(土)17:00で抽選制となっている。その他の詳細は「ポーラ美術館」のHPで確認を。

テントや寝袋などのキャンプ用品は参加費に含まれているので、アウトドア初心者でも安心!日常を忘れて、森の中で楽しいキャンプ体験をしてみよう。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事