流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

謎のリュウゼツランが9年で初めての開花!見頃予想は9月上旬まで

このエントリーをはてなブックマークに追加


国立科学博物館 筑波実験植物園で、リュウゼツラン属(アガベ)の1種の植物が開花した。同園では、今年6月にアガベ・サルミアナ・フェロクスが6.65mの高さで開花したが、今回開花した株は、花茎が8mに達する勢いで成長中だという。

新種かもしれない謎のリュウゼツラン


リュウゼツラン属はこれまで250を超える種が報告されているが、同園で生育している今回の株はどれとも一致しない謎の種。今後の研究の結果によっては、新種になるかもしれないという。

9年で初めての開花

リュウゼツラン属(アガベ)のいくつかの種は「花茎が数メートルに伸びる」「めったに花が咲かない」「ようやく咲くと株が枯れてしまう」といった風変わりな特徴を持つ。


今回開花したリュウゼツランは、植えてから9年で初めての開花。花茎が伸び始めて2カ月ほどになり、7月中旬には先端が屋根にぶつかったため小さな穴をあけたところ、通り抜けてどんどん成長を続け、8月17日(月)現在、7.85mになっているとのこと。見頃は9月上旬までと予想しているという。

珍しい植物の花の実物を見たい人は、急いで来園してみて。入館料など施設の詳細は、筑波実験植物園の公式サイトで確認を。

■「筑波実験植物園」
住所:茨城県つくば市天久保4-1-1

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事