流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

Mele Mei

【メレ・メイ】第7回ホノルル駅伝&ミュージック2019:駅伝公式タイム発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月19日(日)に開催されたホノルル駅伝の公式タイム発表が発表になりました。

1500名以上のランナーが参加したホノルル駅伝&ミュージックが、5月19日(日)にハワイ州オアフ島にて開催されました。

2019年5月19日(日)、ハワイ州オアフ島にてホノルル駅伝&ミュージックが開催されました。駅伝には、ハワイから約1200名、そして日本からは約300名が参加。全行程の42.195キロを一人で走るマラソンには71名が参加しました。

まだ陽が昇らない午前5時にマラソン参加のランナーが、そして午前5時30分には駅伝の第一走者が、ワイキキのカピオラニ公園をスタートしました。オアフ島のシンボルでもあるダイヤモンドヘッドを周り、カイムキ・ミドルスクールで第二走者にタスキを渡し、全区間で一番長い距離となる第二区間ではカラニアナオレ・ハイウェイを直進。ハワイ・カイ入口のマウナルア・ベイ・ビーチパークからは、第三走者が絶景コースながらも坂道の続く難関コースを走り、折り返し地点となるサンディー・ビーチパークからは第四走者が走りました。ハナウマ湾を通り過ぎ、マウナルア・ベイ・ビーチパークでタスキを渡された第五走者は、カラニアナオレ・ハイウェイのまっすぐな道を最後の走者が待つカイムキ・ミドルスクールまで。タスキを受け取った第六走者は、急勾配の登り坂を超え、ゴールのカピオラニ公園を目指しました。

ハワイらしく快晴となった当日、ボランティアや応援する人もたくさん駆けつけました。また、ゴールのカピオラニ公園のバンドスタンドでは、ハワイの有名ミュージシャンの演奏や本場のフラのパフォーマンスなどが繰り広げられ、走った人も応援した人も楽しむことができたハワイらしいイベントとなりました。

主な結果は下記の通りです。
【駅伝部門(6名走者チーム)】
優勝:Hawaii Sport Elite (2時間27分29秒)
2位:Web Check-In(2時間38分01秒)
3位:Couldn't Decide(2時間45分55秒)

【マラソン部門】
女性部門優勝:Polina Carlson(3時間2分55秒)
男性部門優勝:ヨシモトケンゴ(3時間14分27秒)

【マスターチーム部門(参加者の年齢の合計が300歳以上)】
1位:Hawaii Sport Old Man Fitness(2時間49分14秒)

【家族チーム部門】
1位:NSE(3時間22分30秒)

【特別賞:ベストコスチューム】
Six Pack(3時間55分46秒)

【ホノルル駅伝ファウンデーション】
ホノルル駅伝ファウンデーションは、2013年1月3日に創設された米国NPO法人です。スポーツおよび文化活動を通じて、環太平洋、ハワイそして日本の人びとの平和と社会福祉の促進を目的に掲げ、ホノルル駅伝&ミュージックでは、エンターテイメント、体力向上、そして経済効果をハワイにもたらすために活動しています。

【メレ・メイ2019】
メレ・メイは、ハワイアンミュージックをはじめハワイのさまざまな音楽と文化を讃える祭典。ハワイ州各地で多彩なイベントが繰り広げられます。(URL: http://www.melemei.com/japanese

関連URLs:
公式URL: http://hnlekiden.jp

公式ソーシャルメディア:
 インスタグラム(@hnlekidenjpn): https://www.instagram.com/hnlekidenjpn/
  フェースブック(/HNLEKIDEN.JP/): https://www.facebook.com/HNLEKIDEN.JP/
  ツイッター(@hnlekidenjpn): https://twitter.com/hnlekidenjpn

ハッシュタグ:#ホノルル駅伝#ホノルル駅伝2019 #hnlekiden #hnlekiden2019

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る