SEARCH
ビール好きに朗報! 1日1杯のビールはワインより健康的

数あるアルコール飲料の中でも、ビールは「太る」・「健康によくない」という考えをもっている人は多いだろう。しかし、The Institute of Brewing and Distilleryのジョージ・フィリスカーク氏によると、1日に1パイント(約570ml)のビールは、グラス1杯のワインよりも体に与えるメリットが多いのだという。

ビールがもつ利点は以下の通りだ。

1. ビールはワインよりもカロリーが低い

「ビールを飲むとビール腹になる」と考えられているが、実は、1パイントのビールのカロリーは、約180kcalと低め。赤ワインは250mlで160kcal、白ワインは150kcalだということを考えると、ビールの方がかなりヘルシーだ。

2. 運動後の水分補給にベスト

ビールは、運動後の水分補給を促す役目をもつカリウムや、新しい筋肉を育てるのに必要なビタミンBも豊富に含んでいる。

3. 食物繊維の宝庫

1パイントのビールには、1日に必要な食物繊維の約10%~30%が含まれている。これらの食物繊維は、お腹の中で健康的なバクテリアを育て、胃腸の働きを活発にしてくれるという。

不健康の代名詞とも思われていたビールがむしろ健康にいいというのは、ビール好きにとってはすぐにでもジョッキで乾杯したいほどの朗報。ただし、1日の摂取量の目安(女性は1パイント、男性は1~2パイント)を越えてしまうと、デメリットがメリットを上回ってしまうそうなので、飲みすぎには注意が必要だ。

参照元: Mail Online (英文)
rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable