SEARCH
【調査】お年玉っていくらあげればいいの?今年の平均総額は2万6143円!

もうじきお正月を迎えるが、大人にとって気になるのが、子どもたちにあげる「お年玉」事情。“みんなは誰にどのくらいあげているの??”という気になる相場を明らかにすべく、住信SBIネット銀行は、10代~70代までの3381人から回答を得た「お年玉に関する調査」の結果を発表した。

まず、「今年誰かに落とし玉をあげる予定がある」と答えたのは71.9%で、あげる人数については、1位「3人」(28.1%)、2位「6人」(21.4%)、3位「4人」(18.9%)という順になった。あげる対象については「親戚の子ども」(46.5%)、自分の子ども(26.5%)がダントツで、そのほか「親」、「配偶者」といったちょっと意外な答えも…。

また、多くの人にとって一番気になるのが具体的な“金額”だが、1人あたりのお年玉の金額を聞いてみると、未就学児童2378円、小学生(1年~3年)2888円、小学生(4~6年)4009円、中学生6175円、高校生8473円、大学生・専門学校生等1万1110円となり、学校種別が上位になるにつれ、約2000~3000円増加していた。総額で見てみると、全体平均で2万6143円となり、昨年よりも800円少ない結果に。なお、あげる金額が最も多かったのは50代の3万382円、最も少なかったのは、30代の1万8734円だった。

 

「お年玉に関する調査」
調査期間:2012年11月30日~12月4日
調査対象:住信SBIネット銀行の個人顧客
回答者数:3381名
(内訳 10代:23人 20代:280人 30代:487人 40代:728人 50代:888人 60代:736人 70代:239人)
調査方法:インターネットアンケート
調査地域:全国

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable