SEARCH
デビュー15周年の「椎名林檎」が待望の新曲をリリース!春の新ドラマ&ドキュメント番組とWタイアップ

「東京事変」のボーカルとして、また「幸福論」、「真夜中は純潔」など数々のヒットソングで知られる椎名林檎が、5月27日に豪華ニューシングルをリリースする。

このニューシングル「いろはにほへと/孤独のあかつき」(1000円)は、何と4月スタートのテレビドラマ主題歌と、新感覚の対談番組のテーマ音楽を収録したWタイアップ、両A面シングルという珍しいスタイル。「いろはにほへと」は、今月9日スタートのフジテレビ系ドラマ「鴨、京都へ行く。~老舗旅館の女将日記~」の主題歌として、椎名林檎が作詞、作曲を手がけた作品。ドラマは、キャリア・エリート女子が京都の老舗旅館の新米女将に転身し、旅館の再建を目指すというストーリーで、主演の松下奈緒の奮闘ぶりにも注目が集まっている。

一方、「孤独のあかつき」は今月6日スタートのNHK Eテレ「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」のテーマ音楽として書き下ろされたもの。同番組は、第一線で活躍する「達人」同士が進行役となるドキュメント番組で、互いの仕事現場を訪ね合い、それぞれに共通する方法論や成功へのヒントを探る。最初は一方が聞き手となり、途中で役割を「スイッチ」して、今度は聞かれた側が聞き手となるという、まったく新しいクロス・インタビュー番組だ。作詞は、椎名が主題歌を歌ったNHK連続テレビ小説「カーネーション」の脚本を手がけた渡辺あや氏で、番組のルールにならった異色のタッグが実現した。

2012年の「東京事変」解散から、1年2カ月。デビュー15周年を迎える椎名林檎の新しい世界を、是非味わってみてほしい!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable