SEARCH
「カラオケで盛り上がる90年代ソングランキング」拳を振りあげて熱唱できるあの名曲がトップに!

仕事帰りや飲み会の後、“カラオケ”で大いにはじけて日頃のストレスを発散するのは日本人の定番コースだが、みんなはどんな曲で盛り上がっているのだろうか?レコチョクはユーザー投票による「カラオケで盛り上がる90年代ソングランキング」を発表した。

最も票を集めたのは、ドラマ「振り返れば奴がいる」の主題歌として大ヒットしたCHAGE and ASKAの「YAH YAH YAH」(1993/3/3年発売)。「サビのリフはまさに鉄板!歌詞を知らなくても、一体感は出せるはず?」、「とにかく盛りあがる!」など、拳を振りあげる瞬間の盛り上がり度が高い、との声が多く寄せられた。

2位は、モーニング娘。の「LOVEマシーン」(1999/9/9発売)。「娘が小学生のころ、よく口ずさんでいたし、一緒に歌っていたことを思いだすノリノリの曲♪」、「リズミカルで、皆が知っているし、盛り上がる曲だと思っています。最近では、懐かしさも感じています。」など、歌に合わせた振り付けを皆で踊って盛り上がる、という意見が集まった。

3位は、ゆずの「夏色」(1998/6/3発売)。「イントロで夏がきたーって感じ。カラオケでも夏になったら絶対歌う」など、夏の定番ソングとして人気が高かった。

ほかにも、曲名を聞くだけでついつい口ずさんでしまう懐かしの名曲が多数ランクイン。次回のカラオケでは、トップ5を歌い尽くしてみては?

<カラオケで盛り上がる90年代ソングランキング>
1位:「YAH YAH YAH」CHAGE and ASKA(1993年3月3日発売)
2位:「LOVEマシーン」モーニング娘。(1999年9月9日発売)
3位:「夏色」ゆず(1998年6月3日発売)
4位:「1/3の純情な感情」SIAM SHADE(1997年11月27日発売)
5位:「Bomb A Head!」m.c.A・T(1993年11月21日発売)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable