SEARCH
列車まわり、ぜーんぶおまかせ!「JR東日本アプリ」3月10日デビュー!!

“列車まわり、ぜーんぶおまかせ。”をコンセプトに、スマートフォンを通じて、いつでもどこでもタイムリーにサポートする「JR東日本アプリ」が、3月10日、いよいよデビューする!

「JR東日本アプリ」では、よく利用する路線や駅の情報に簡単に素早くアクセス!「My路線」として登録することで、トップページで「My路線」の遅れや、運転見合わせなどの運行情報を見ることができる。また、その駅に関する、さまざまな情報を簡単に検索できる。

運行に関する情報もさらに充実した。JR東日本の各路線の運行情報はもちろん、首都圏は路線図方式で運行情報(首都圏の主要駅の改札付近に設置している「異常時案内用ディスプレイ」と同じ情報)、京浜東北線のリアルタイムな列車位置情報などが見られる。

さらに、JR東日本の各駅(約1700駅)の構内図、時刻表、駅の施設(みどりの窓口の有無・営業時間、バリアフリー設備の有無、コインロッカーの有無)の情報、エキナカ・駅ビルに関する情報も!東京駅については、構内図からコインロッカーのリアルタイムの空き状況が閲覧可能。加えて、Androidの所有者は自身の位置を構内図上で把握できるようになった。

また、山手線については、「山手線トレインネット」として、乗車位置・区間にあわせた停車駅の情報(乗換路線、ホーム案内図、駅構内図)や、乗車中(走行中)の山手線の各車両の混雑状況や車内温度を確認できる。

利用は無料。OSは、iOS(iOS6.0以上)、Android(Android OS 2.3.3/Android OS 4.0.3以上)。

「JR東日本アプリ」を上手に活用すれば、列車移動もラクラク!「JR東日本アプリ」について、もっと詳しく知りたい人は、特別サイト(http://www.jreast-app.jp)を見てほしい。

※「山手線トレインネット」サービスは、当初は山手線の1編成から開始(3月10日から5月31日までラッピングトレインとして運行)。その後、順次利用できる編成を増やし、来年度内に山手線全編成で利用できるようになる予定。山手線トレインネットを利用できる車内には、各ドアの上部にステッカーで案内する。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable