SEARCH
ディズニーの悪役たちの名言に学ぶ困難を乗り越えるヒントとは!?

映画、小説、漫画…。人はいつでも魅惑的な悪役に惹きつけられる。中でもディズニー映画では、敵ながら名キャラクターとして人気の高い悪役たち(ヴィランズ)が多く登場する。そんなディズニーの悪役たちの名言集「Disney ヴィランズ 魅惑の言葉」が登場した。

今夏、アンジェリーナ・ジョリー主演で「眠れる森の美女」の邪悪な妖精・マレフィセントを主役にした映画「マレフィセント」が公開されるなど、ヴィランズにますます注目が集まっている。

「Disney ヴィランズ 魅惑の言葉」(ウォルト・ディズニー・ジャパン/監修、主婦の友社/刊、1620円)では、そんな彼らの放つ鋭くて辛辣な言葉を紹介。今までになかった悪役たちの名言集になっている。

ディズニーヴィランズによる“魅惑の言葉”を1つ紹介しよう。

・「見つけた者勝ちだ。」(ジャファー『アラジン』)

「大切なものが自分の手を離れることなど決してないと思うのは、思い上がりです。
手に入れるのは簡単なことかもしれません。けれど、それにかまけて所有し続けるための努力を惜しめば、やがてあなたの手には、何も残らなくなってしまうでしょう。」(「Disney ヴィランズ 魅惑の言葉」本文より)

いかがだろうか?彼らのセリフを読み解くことで、困難への立ち向かい方、新たな道の切り開き方、敵を回避する方法が見えてくる。人生の困難を乗り越えるヒントがきっと見つかるはずだ。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable