SEARCH
家の中でも世界遺産観賞!富士山が手のひらサイズになった!?

世界遺産登録で、人気沸騰中の富士登山。富士山の地形を正確に再現した手のひらサイズの富士山模型が、8月25日に登場。縦・横・高さ比率が本物と同じ1:1:1での正確な再現で、登山前に地形がイメージしやすく、また、デスクトップに飾るフィギュアとしてもオススメだ。

「平成富嶽三十六景シリーズ 富士山360°立体マップ」(全2種類/定価4078円)は、富士山の縮尺を変えることなく、おおよそ5合目から上の地形を正確に再現。宝永火口や、大沢崩れといった富士山の特徴的な地形もそのままに再現した。

パッケージには、富士山の4大登山ルートをプリント。リアルな地形だからこそ、登山前のイメージトレーニングができる。

本体底面には、登山日や名前、思い出などをマジックペンで書きこめるようになっており、富士山と周辺の観光の記念品として、身近なデスクトップや書棚などに飾ることができる。

種類は2種類。富士山らしく冠雪する青富士と、縁起の良い黄金色の富士山。富士山の側面には“日の丸”、富士山の標高“3776m”が印刷されている


富士山は、日本を象徴する山。登山前の地形イメージトレーニングに!富士山観光の記念に!もっと知りたい人は、こちら(http://www.art-kensin.jp/)から。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable