SEARCH
クリスマス&年末年始に泊まるならココ!旅工房が、世界の都市の人気ランキングを発表

クリスマス&年末年始に旅行へ行くなら、あなたはどの都市を選ぶ?この際、予算や休みといった現実的なことは気にせず、ワールドワイドに思いきり想像の翼を広げてみよう。

オーダーメイドの旅を提供するトラベル・コンシェルジュ・カンパニー、旅工房が、クリスマス&年末年始に泊まりたい都市20選の人気ランキングを発表した(調査は昨年10月16日~今年9月30日)。今回は、その上位5都市の魅力を紹介しよう。

堂々第1位に輝いたのは、「Alsace’s illumination & Christmas markets(フランス)」。クリスマスツリーの発祥地として知られるフランス・アルザス地方では、個性豊かなクリスマスマーケットがあちらこちらで開催。またフランスで一番大きなクリスマスツリーのあるクレベール広場や、黄金色にライトアップされるノートルダム大聖堂などのイルミネーションも見どころのひとつ。ツリーのオーナメントやアルザス伝統菓子、体温まるホットワインなどが並ぶマルシェなどを散策すれば、寒さを忘れて楽しいひとときが過ごせるはず。

第2位は「Dubai’s New year’s eve fireworks(UAE)」。贅沢に過ごしたい方におすすめなのが、こちらのドバイ。大みそかには、盛大なクラシックコンサートや噴水ショー、パフォーマーによるショーなど、華やかなイベントが目白押し。中でも、地上約830メートルを誇る「ブルジュ・ハリファ」を中心に、ドバイに建つ高層ビル群から同時に大量の花火が打ちあがるニューイヤーイベントは、現実とは思えないほどの迫力だそう。

第3位は「New Year’s sunrise in Petra(ヨルダン)」。ヨルダン南西部に紀元前1世紀から紀元後1世紀まで栄えた古代都市の「ペトラ遺跡」は、日の出鑑賞スポットとして、多くの旅行者から注目を集める場所。「ローズレッド・シティ」とも呼ばれる、赤い砂岩をくり抜いて作られた遺跡は、陽光の角度によってバラ色の色調が刻々と変化。悠久の時を今に伝えるペトラ遺跡なら、神秘的な初日の出に出会えるはず。

第4位は「Great illumination in Seoul(韓国)」。ソウル随一のショッピングスポット明洞(ミョンドン)エリアは、クリスマスから年末年始にかけてが、1年を通してもとびきり賑やかになる時期。街全体が色とりどりのイルミネーションに彩られ、各店で大きなセールも開催。夜遅くまで営業するお店が多く、旅行者は街の活気に誘われ、屋台や百貨店、免税店などで楽しい時間を過ごすことができる。

第5位は「Vienna’s Christmas markets & events(ウィーン)」。ウィーン市庁舎前で行われる大規模なクリスマスマーケットには、「アドヴェントの魔法」と呼ばれる光り輝くメルヘンランドが登場。約150もの屋台が並び、ツリーデコレーションやプレゼント用品、可愛らしいお菓子などが勢揃いする。また、ウィーンの冬はオペラ・バレエなどの観劇も盛ん。大晦日の「ジルヴェスタ・コンサート」と、元旦の「ニューイヤーコンサート」は、クラシックファンなら一度は訪れてみたいものだ。

クリスマスに人気な都市というとヨーロッパやニューヨークを思い浮かべることも多いと思うが、今回のランキングではUAEやヨルダンが上位にランクイン。どの都市も魅力的すぎて、悩んでしまう人も多いのでは?はたして、第6位以下はどこ?気になったらこちら(http://www.tabikobo.com/winter/)をご覧あれ!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable