SEARCH
東日本大震災被災地応援企画!「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」共同で福島産リンゴを使用した「無添加ジャム」を開発

東日本大震災からまもなく4年を迎えるが、被災地「福島」はまだ復興していない――。震災以降、福島では野菜や果物などの販売量は大幅に激減。何かサポート・支援したいという企業も登場している。

宅配サービスでおなじみの「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」が共同で東日本大震災以降、販売不振が続く福島県産りんごを使用した無添加ジャム「つぶ入りピュアなりんごジャム」を開発。らでぃっしゅぼーやでは3月下旬から、大地を守る会では3月12日(木)から販売する。価格は、らでぃっしゅぼーやが2,689円(4個セット/税・送料込)、大地を守る会が535円(1個・税込)。

今回のジャムの原料となるりんごは、らでぃっしゅぼーやと大地を守る会がそれぞれ取引のある羽山園芸組合(福島県二本松市)が生産したもの。「羽山りんご」は標高の高さから気温の寒暖差が大きく、そのため身がしまり、色艶よく蜜がしっかり入った良質のりんごが育つことで有名。生産者の羽山園芸組合のこだわりは、安全性を最も重視。除草剤は使用せず、農薬は慣行栽培の6割減に抑え、化学肥料も不使用。「安全性」「甘さ」「香り」「日持ち」……常に高い評価を受けているりんご。

製造は無添加ジャムを作り続けて28年の老舗・株式会社フルーツバスケットが担当。新鮮な果物の風味を最大限に残すため、産地から届いたばかりの生の原料を、加熱加工したその日のうちに瓶詰まで行なうというこだわりの商品。果実感をしっかり楽しめるジャムとなっている。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable