SEARCH
この夏9割の女性が求めている胸キュン仕草「網トン」とは!?

夏が来るのは楽しみだけれど、虫が増えるのはイヤ…という女性は多いことだろう。

薬剤入り防虫ネット「虫のイヤがる網」を製造・販売するダイオ化成(http://dionet.jp/)は、本格的な虫の発生シーズン到来を前に、恋人のいない20〜30代の独身女性600名を対象に「防虫と生活に関する意識調査」(6月10日~12日)を実施。

まず虫に対する印象について尋ねたところ、「嫌い」が79.6%、「やや嫌い」が18.0%と、97.6%の女性が「嫌い」と回答。虫が好きな人はほとんどいないという実態が明らかに。

続いて「自宅のベランダや網戸に虫がいると気付いたときどうするか」を尋ねたところ、約6割にあたる58.5%が「放っておく」と回答。さらに「恋人ができたとき、網戸についた虫をトンと払ってくれる“網トン”をしてくれたらうれしいか」を聞いたところ、「かなりうれしい」が30.7%、「まあまあうれしい」が30.0%、「少しはうれしい」が25.0%と、独身女性の88.7%が、“壁ドン”ならぬ“網トン”を望んでいることがわかった。

網戸についた虫を払ってくれる “網トン”は、“壁ドン”ほど威圧感がなく、より現実味があるため、女性を“胸キュン”させる仕草のひとつとして有効と言えるかも…?!

ちなみに、女性がリアルに求める“胸キュン仕草”についての調査結果もご紹介。好きなひとにしてもらえたら“胸キュン”しそうな仕草の第1位は「頭ポン」(48.7%)、2位はドラマでも有名な「あすなろ抱き」(42.7%)、3位は「腕グイ」(40.5%)。逆にワースト1位は「デコツン」(9.2%)、ワースト2位は「袖クル」(9.5%)、ワースト3位は「ねじポケ」(17.3%)だそう。

最後に、今夏デング熱に関心があるか尋ねたところ、39.0%が「関心がある」と回答。また、「蚊やデング熱などの被害に遭わないために取り入れたい(または、すでに取り入れている)対策」を聞いたところ、「虫除けスプレーなどの市販商品」に次いで「網戸」という回答が多く得られた。

ところで、“網トン”に“胸キュン”できるのは、あくまでも恋人ができた場合の話。虫を追い払ってくれる彼がいない人や、虫が苦手で自分で追い払うことができない人におススメなのは、何といっても「虫のイヤがる網」!

同商品は、網の素材自体に虫のイヤがる成分が練りこまれているため、チョウバエ、ユスリカ、蛾等が網戸に留まり続けることがないという。樹脂に練りこんだ成分は空気中にほとんど溶け出さず、吸い込んでしまう心配がないから、ペットや子どもがいる家にもおススメだ。

また、デング熱対策に用いられた薬剤「エトフェンプロックス」も練り込んであるので安心。忌避効果で防虫するため、虫の死骸も残らず掃除もラクラク。虫と人の住む場所をしっかり分ける、環境に優しい新世代の防虫網と言えよう。

効果は約3年持続!仮に虫のイヤがる成分が切れたあとでも、従来の網戸用ネットと同じように使うことができる。

貼り替えはカンタンだから、今のうちに自宅の網戸の点検を行い、破れやほつれを見つけたら、ぜひ早めに修繕しておこう。詳しく知りたい人は、「虫いや特設ページ」(http://www.dionet.jp/mushi.html)へ今すぐアクセス!

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable