SEARCH
新大阪駅に至福のショップが誕生!大切な人に贈りたいスイーツがココでゲット

西の都「大阪」の陸の玄関口「新大阪駅」の新幹線改札内に、関西選りすぐり4ブランドを集結させた洋菓子ギフト専門ショップが12月17日(木)誕生する。その名は、東海キヨスクがプロデュースする”Sweets PATIO”で、太陽光が注ぐスペインの中庭「パティオ」が由来。多くの人が集う明るく開放的な佇まいとした。

Sweets PATIOに出店する2つのオリジナルブランドと2つの人気ブランドは次のとおり。

ムッシュ マキノの初監修ショコラブランド「ムッシュ ショコラ」

牧野眞一さんが手掛ける「ムッシュ マキノ」が世界6カ国のカカオを使用し厳選素材をブレンドしたスイーツだけを展開する新ブランド。ブランド名が商品名になっているタルトは4個入り1080円からとなっている。

大阪みやげの代名詞「おこし」老舗が手がける新ブランド「ダイコク ジャーニー」

文化2年創業「あみだ池大黒」が初の和洋スイーツショップ「DAIKOKU JOURNEY」をスタートさせる。パイサンドに米パフをふりかけた「おこし」の進化系スイーツ「大阪のえんぎもん パイ三度」はメープル、ビターチョコレート、ストロベリーの3種類。3個入540円、6個入1080円、10個入1620円だ。

大阪・堂島の人気店「パティスリー モンシェール」

「堂島ロール(1本1400円・ハーフ780円)」でおなじみ。そのほか「堂島カステラ」「堂島フィナンシェ」「季節の堂島ロール」を取り扱う。

芦屋マダムご用達、フィナンシェ有名人気店「アンリ・シャルパンティエ」※期間限定

2012年度にはフィナンシェ年間販売個数世界一でギネスに認定されたほどの実力店。アーモンドと発酵バターが香る“フィナンシェ”は8個入1080円となっている。

この年末年始に関西スイーツを大切な人に贈ってみては?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable