SEARCH
村上春樹から又吉直樹まで登場!本が苦手な人にこそおすすめしたい、連想形式の“おもしろ読書ガイド”が発売


芥川賞作家や翻訳家、書評家たちがとっておきの本を連想形式で紹介する読書ガイド「きっとあなたは、あの本が好き。連想でつながる読書ガイド」が発売される。

「オスカー・ワオの短く凄まじい人生」の翻訳で知られる都甲幸治氏を中心に、芥川賞作家や翻訳家、書評家たちが集まり、不朽の名作からベストセラーまで縦横無尽に語り尽くすこちらのガイドブック。

共通点は「読んで面白かったこと」と言う1点のみで、「指輪物語」のJ・R・R・トールキンといったファンタジーから太宰治、江國香織まで幅広い作品群を例に挙げながら、“面白ポイント”を分かりやすく解説してくれる。

それぞれのコンテンツ・テーマも興味深いタイトルのものが多く、例えば「太宰治が気になる人に ダメ人間の生態」では、又吉直樹やジャン・コクトー、チャールズ・ブコウスキーの作品をピックアップしつつ、共通点を探したり…

「ルイス・キャロルが気になる人に あえて男だらけでアリスを読む」では、嶽本野ばらからトルーマン・カポーティまで、意外な連想ゲームをしながら作品の魅力を教えてくれるなど、ユニークな切り口が満載!

普段本をあまり読まない人にこそ気負わず読んでほしい同書は、来年1月25日にリットーミュージックの新レーベル「立東舎(りっとうしゃ)」より発売(1620円税込)。

気になった方は、早速こちらをチェック!

立東舎
http://rittorsha.jp/items/15317410.html

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable