SEARCH
【東日本大震災】あれから5年目、岩手県オノオレカンバを使用した五角形の「忘れない」箸を発売


東北マハロファクトリーは、東北復興ブランドである「キラ・ウエア」から、五角形の木製箸「五角ばし」シリーズが発売となることを明らかにした。販売開始は3月11日(金)となっている。

キラ・ウエアは、5年前の東日本大震災で津波の被害を受けた宮城県・福島県・岩手県の縫製工場や工房が共同で立ち上げた服飾ブランド。これまでフラの衣装やハワイをテーマにした手作りの雑貨などを主力商品として活動してきた。

五角ばしは、岩手県の工房が制作し、ECサイト(http://store.shopping.yahoo.co.jp/kilaware)で販売する。価格は税込2646円と税込2840円だ。

商品は3種類で、それぞれハワイ語のメッセージが刻まれている。まず震災を「忘れない」という意の「Poina‘Ole」次に「ありがとう」という意の「Mahalo」そして「愛を与えれば愛が返ってくる」という意の「Aloha Aku, Aloha Mai」だ。


材料は斧折樺(オノオレカンバ)という丈夫な木を使い、熟練職人が美しい五角形に仕上げた。長さは、女性向けの21.5㎝、一般的な23㎝の2サイズ。

東日本大震災から5年、この日を忘れないために、復興のために五角ばしを手に入れてみられては?

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable