SEARCH
歴女必見!この秋京都旅行にいったらぜひ立ち寄りたい「近世京都の宮廷文化~宮廷大礼文化の風景〜」展開催

794年の平安建都以来、宮廷を中心に雅びな文化を形成してきた京都。その宮廷文化の粋を形で表わす最高の晴れ舞台が、大礼や大典(たいてん)とも呼ばれる「即位式」と「大嘗祭(だいじょうさい)」である。

「近世京都の宮廷文化〜宮廷大礼文化の風景〜」展では、近世以降の大礼に関する資料を収集する小原家(おはらけ)文庫や、民間に所蔵されている貴重な資料をはじめ、徳川秀忠の娘で、後水尾(ごみずのお)天皇に入内し、公家と武家を結ぶ懸け橋として、宮廷文化にも貢献した東福門院(とうふくもんいん) (徳川和子)ゆかりの品々など、約 60 点を展示する。

紫宸殿(ししんでん)と南庭で行われた即位大礼の模型 (一般財団法人宗教文化研究所 蔵)  展示:城南宮斎館


紫宸殿の高御座(たかみくら)(模型) (一般財団法人宗教文化研究所 蔵)  展示:城南宮斎館

このようなまとまった展示は約40年ぶり。文化の秋、高雅な宮廷文化の精華を、古都である京都で実感してみてはいかが?

「近世京都の宮廷文化〜宮廷大礼文化の風景〜」展
会期:9月10日(土)〜11月13日(日) (京セラ美術館)/9月10日(土)〜10月23日(日) (城南宮斎館)
開場:京セラ美術館 住所:京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地
城南宮斎館  住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
開館時間:10:00〜17:00 (京セラ美術館)/ 9:00〜16:30 (城南宮斎館) ※入館は閉館の 30 分前まで (期間中無休)
入場料:両会場とも無料

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable