SEARCH
まるでジャム?CANMAKE「リップティントジャム」試してみた

昨年あたりから流行が続き、トレンドに合わせて進化したアイテムが続々と登場している、リップメイク。

中でも、昨年4月の発売以来あらゆるメディアで取り上げられ注目を浴びていたのが、『CANMAKE(キャンメイク)』の「リップティントシロップ」。じゅわっと内側からにじむような血色リップに仕上がり、しかもベタつかず落ちにくいという機能性をプチプラで実現していることから、プロからメイク初心者まで幅広く愛される大ヒット商品となった。

見た目のかわいさやリーズナブルさはもちろん、高品質なコスパの良さで年代問わず人気を集めるメイクアップブランド・キャンメイク。この秋、リップティントシリーズから新たに「リップティントジャム」が発売された。

ベタつかず落ちにくい快適な使い心地が特徴的なリップティントシリーズ。今回は限定色「03プラムジャム」を含んだ、秋のトレンドにマッチした深みのあるレッド系カラー3色がラインナップ。一見、濃くしっかりと色付きそうだが、ジャムのようなぷるぷるの液がスルスルっと唇に伸び、透け感のある発色が自然な血色感を演出してくれる。

早速編集部が、自然な血色感を引き出すシアーレッド「01 チェリージャム」で血色リップメイクにトライ!

使用前はこんな感じ。

血色感のなさや色のくすみが気になる、素の唇……。まずは唇の内側から外側に向かって塗ると色ムラなく均一に広がりやすい。さらにナチュラルなすっぴん唇風に仕上げたい場合は、唇の輪郭をチップでなぞらずに、指先でぼかすように馴染ませると◎。

「リップティントジャム」を内側に重ねてグラデーションリップに。

”ジャム”というネーミングから、グロスのようなむっちりとした付け心地をイメージするが、ウォーターベースなので実は仕上がりはサラッとマット。

このままでももちろんOKだが、塗り重ねることでトレンドのグラデーションリップを簡単につくることができる。写真のように唇全体に薄く色を塗ったあと、中央~内側部分に塗り重ねて馴染ませれば完成!

また、全体に塗らずに上下内側にスーッと線を引いて上下の唇を「ンパッ」っと何度かやると、内側からじんわりにじむような血色感のすっぴん唇のように仕上がり、より簡単。

グロスのようなむっちりとしたプルプル感を上のせしたような感じとは異なり、サラサラの液で唇を染めあげ、じゅわっとした自然な仕上がりが軽やか。

さらに、時間が経つほど発色が強まり、色が唇に定着するのでメイク直しも時短できるのがうれしい。もちろん食べたり飲んだりしても、落ちにくいだけでなくグラスなどに色移りしにくいのも良い。

よりうるおいやツヤが欲しい場合は、リップクリームやグロスを重ねてももちろんOK!

また、オイルと混ざりにくいため、下地として使って手持ちのリップと合わせてニュアンスリップを楽しむのも良さそう。

他の2色も同様に、クリアな発色の自然な血色感で秋らしいニュアンスカラーを楽しめる。

02 マンゴージャムは、ジューシーに仕上がるホットオレンジ。

03 プラムジャムは、ダークレッドで落ち着いた印象に。

何より魅力的なのが、各650円(税抜)というコスパの良さ。”色ち買い”して服装や気分によってチェンジして楽しむのも良いかも。

ダークカラーの服を選びがちな秋冬も、ひと塗りするだけで顔色がぱっと明るくなり、手軽に旬顔になれるリップティントジャム。この秋冬、マストハブ間違いなし!

リップティントジャムの詳細は商品サイトをチェック!(http://www.canmake.com/new/index.html)

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable