SEARCH
「毛穴撫子」誕生10周年!今なら可愛い風呂敷付き


お肌の黒ずみやデコボコ毛穴を何とかしたい…そんな切実な悩みに応えて誕生した石澤研究所の「毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔」が今月10周年を迎えた。

誕生以来、“重曹パワーで憧れの毛穴ゼロ肌をめざす”というコンセプトとその実力で、悩める女子のハートを鷲づかみにし続けてきた同商品。重曹が角栓を溶かし角質を柔らげて浮かせ、さらに柔らかスクラブが汚れをかき出し、毛穴の目立たないつるりん肌へ導いてくれるというスグレモノだ。

この10年の間には、クレンジングやスキンケア、パック、ハミガキ粉などラインナップも充実し、今や人気シリーズとして男女を問わず広く愛されているという。

3月21日(火)より、10周年を記念して大人気のパウダー洗顔料「重曹スクラブ洗顔」に、おめでたい和柄の「オリジナルミニ風呂敷」がついてくる「毛穴撫子10周年感謝セット」1200円(税抜)が発売!


風呂敷には、毛穴に悩む撫子ちゃんと毛穴レスになった撫子ちゃん、さらに梅・鯛・打ち出の小槌など日本のおめでたい柄がちりばめられていて、何ともキュート。


53×53cmの小振りなサイズは使い勝手バツグンで、小物やギフト、お弁当などを包むのにぴったりだ。

「重曹スクラブ洗顔」1200円(税抜)と同価格でこの可愛い風呂敷がもらえるとあって、人気が出るのは必至。数量限定なので、欲しい人はお早目にどうぞ。

ここで簡単に、毛穴撫子の10年の歩みを年表でチェック。


2007年3月の「重曹スクラブ洗顔」誕生後、翌2008年には、毛穴のためのメイク落とし「重曹クレンジングミルク」が発売。


2009年には、うるおいに注目した「重曹泡洗顔」「重曹つるつる風呂」が仲間入りし、さらにシリーズ初の「男の子用重曹スクラブ洗顔」もデビュー。


2010年には昔ながらの製法にこだわった「重曹つるつる石鹸」や舞妓姿の撫子ちゃんがかわいい「重曹白肌風呂」が、2014年にはふっくらもっちり肌をつくる「お米の化粧水」「お米のクリーム」が発売。


2015年には歯の黄ばみ対策におススメの「重曹つるつるハミガキ」とライスセラムをたっぷり含んだ「お米のマスク」がお目見え。


そして2016年には、塗ってふきとるだけの「小鼻つるりんクリームパック」や、米ぬかを使った「重曹肌磨き袋」が発売。


今年に入ってからは、5分で毛穴をキュッと引き締める「男の子用シートマスク」と、あずきに注目した「あずき重曹スクラブ洗顔」(数量限定)がデビューしている。

お気に入りのアイテムをいろいろ組み合わせて、アナタも毛穴ゼロ肌へ!彼とお揃いで愛用するのも良いかも!?

詳しくは公式サイト( http://www.ishizawa-lab.co.jp/keana/ )をチェックしてみて。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable