SEARCH
ルーマニアで大人気のミネラルウォーターが日本上陸

カルパティア山脈の国立公園保護区内は、「ヨーロッパ最後の手つかずの原生林」と呼ばれる地域。その水源から採水したミネラルウォーター「AQUA Carpatica」が3月31日(金)より、成城石井とナチュラルローソンにて発売される。

AQUA Carpaticaは、水源から直接採水され、高い純度を維持したまま自然ろ過された、限りなく自然に近いナチュラルミネラルウォーター。ヨーロッパの厳格なミネラルウォーターの基準法に準じ、水源地と同じミネラル分を保ったままボトリングされている。

その純度の高さと飲みやすさから、カルパティア山脈のある本国ルーマニアでは、発売開始かたわずか5年で売上No.1に輝いた。

ラインナップは、中硬水の「ナチュラルミネラルウォーター」500mlペットボトル/150円(税抜)と、「ナチュラルスパークリングミネラルウォーター」500mlペットボトル/150円(税抜)の2種類。どちらも、適量のカルシウムとマグネシウムが含まれており、ナトリウムと硝酸塩含有量が少ないのが特徴だ。

水源地とその周辺地域は、農業や産業活動が一切行われておらず、硝酸塩含有量がごく少量なのは、水源地が汚染されていない証拠。ミネラル含有量が多いのに、雑味がないことから、日本人にも飲みやすい口当たりになっている。

塩分を控えたい人や、健康が気になる人にもオススメ。これからの季節の水分補給に「AQUA Carpatica」のミネラルウォーターを試してみて。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable