流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

ホントに“紙”!?折りたためて防水のオシャレ紙製家具が上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヨーロッパで爆発的人気の紙製の家具「DuCôté(デュコテ)」が日本初上陸!2月8日(水)~10日(金)の期間、『東京インターナショナル・ギフトショー』(東京ビッグサイト)にお目見えする。

「DuCôté」は、紙でできたデザイン家具。蛇腹状になっており、すべて小さく折りたたむことが可能。“使うときは大きく、しまうときは小さく”ライフスタイルに合わせて使うことができるスグレものだ。

紙ということで心配なのはその強度だが、耐久重量はなんと300kg!紙の家具なのに、お相撲さんが乗ってもびくともしないほどの強度を誇る。その秘密は、デザイナーが世界中を回って発見したカナダの高品質で堅牢な木材と、それを支える家具のハニカム構造にあるのだとか。

そして、もう一つ心配なのが水濡れではないだろうか。DuCôtéの家具には撥水加工を施しているので、たとえ水がかかっても大丈夫。今まで通り使うことができる。

種類は「STOOL」1万2970円~、「TABLE」2万9970円~、「ZABUTON」2万1970円、「BENCH」5万970円~、「SOFA」14万4970円~、「LAMP」1万2970円(いずれも税抜)。

フランスで人気に火が付いたDuCôtéの家具。『東京インターナショナル・ギフトショー』で、実際に見て、触れて、体験して、そのよさを確かめてみて!

■『東京インターナショナル・ギフトショー』
場所:東京ビッグサイト(東京都江東区有明3-11-1)

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事