SEARCH
猫と暮らす賃貸アパート「キャリコ大森」入居者募集開始


「人と猫が楽しく健康で幸せに暮らすこと」をテーマにした猫共生型の賃貸アパート「calico(キャリコ)大森」が東京都大田区に完成。9月9日(土)より内覧会を実施し、10月1日(日)より入居が可能だ。


少子高齢化が進む日本では現在、飼育される犬と猫の数が約2000万頭(一般社団法人ペットフード協会「2016年 全国犬猫飼育実態調査」による)と、人間の子どもの数(15歳未満人口:1600万人)を大きく上回っている。今や犬や猫も家族の一員として扱われるようになった。

そんな中、誕生した「キャリコ大森」は、人も猫も快適な部屋でより健康で長生きをすることをテーマとした賃貸アパートだ。

「猫の一級建築士」として知られ、猫の行動と生態を熟知した建築の専門家、清水満氏が設計を監修しただけあり、猫好きのツボをついている。最大の魅力は、強化ガラスを使用したキャットウォークだ。ガラスなので下から愛猫の肉球を眺めることも可能だ。

その他、無垢木のキャットステップやネコ専用のトイレスペース、足が滑りにくい床材を使用したペット用フローリング、高い所が好きな猫にはたまらないロフトなど、猫が室内でも退屈せず自由に行き来できるよう設計されている。

また、外出先からスマホのアプリを使用して猫の様子が分かるだけでなく、レーザーポインターを操作して遠隔で猫と遊べるWebカメラ「PetCube」を全室に導入。

今なら入居者特典として「1年分のキャットフード(主食やおやつを選択可能、体重3.5㎏の成猫を想定)」と、ペットケアのHOWTOが分かる「キャットケアバイブル」をプレゼント。さらに各部屋には「モンプチソファー」が提供される。(※プレゼント内容は予告なく変更になる場合あり)

賃貸だから飼えないと諦めていた猫好きには嬉しい物件、ぜひチェックしてみて。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable