SEARCH
コース仕立てでも愉しめる!新スタイルのディナーバイキング

春のディナーバイキング
世界の三大料理に数えられるフレンチ。高度な調理法や洗練された味付けは高貴なイメージを与えるが、食べるだけではなく、アーティスティックな盛り付けを見て楽しめるのもフレンチの魅力だ。

京都新阪急ホテルでは、コース仕立てでも愉しめる「春のディナーバイキング」大人:4100円/小学生:2050円/3歳以上:1000円(税込)を、レストラン「ブールヴァール」にて3月6日(火)~6月4日(月)の期間開催する。

「春のディナーバイキング」は、前菜やスープ、メインディッシュはテーブルオーダー制のメニューから、サラダやおばんざい、デザートなどはバイキングメニューからそれぞれ好きな料理を選び、自分だけのオリジナルコースに仕立ててて楽しめる、新スタイルのバイキングだ。

「“選べるたのしさ”と“出来たての美味しさ”をプラスしたディナーバイキング」をコンセプトに、テーブルオーダー制で味わえるメインディッシュは全部で7種類。日本料理の調理法である幽庵焼きや、吉野葛・西京味噌といった和の食材・調味料を使用した、独創性溢れる創作フレンチが並ぶ。


ローストビーフ・ポークソテー・チキンの盛り合わせが一度に愉しめる「ヴィアンド・ヴァリエ」、たっぷりの魚介類と野菜を煮込んだ「魚介のブイヤベース」、まさに“苦旨”の一皿「真鯛のクリュと若布のヴィネグレット 野草のサラダ」、自分好みの味で愉しめる別腹スイーツ「炙り団子(みたらしあん・つぶあん・塩カスタード)」の4種類のほかに、

「つぶ貝・里芋・菜の花のスープ仕立て 桜の香り」、「鶏モモ肉のフリカッセ プランタニエール」、「サーモンの幽庵焼き 木の芽とバルサミコのセパラション」が3月6日(火)~4月17日(火)の期間、

「スープ・ド・ポワソン ~新緑の息吹~」、「春野菜と本日の魚のブレゼ 山椒のアクセント」、「鴨と彩り野菜の杉板焼き トマトと蕗の薹(ふきのとう)のソース」が4月18日(水)~6月4日(月)の期間、テーブルオーダー制で食べ放題。

バイキングスタイルのメニューでは、「しらすとキャベツのペペロンチーノ」や「野菜のフリット サルサヴェルデ」、「にぎり寿司」などが食べられる。

春のディナーバイキング
開放感溢れる空間で春の訪れを感じながら、優雅にそしてゴージャスに、自分だけのオリジナルコースを存分に満喫してみたい!

■「京都新阪急ホテル」
住所:京都府京都市下京区JR京都駅烏丸中央口正面

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable