流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

こんなの待ってた!一日中脱げにくい“フットカバー”が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


タイツを履く冬はともかく、春夏はストッキングより「フットカバー+ナマ足」が基本、という人も少なくないハズ。暑いからと言って素足で靴を履くと蒸れてしまうし、ストッキングは締め付けられるので、「フットカバー+ナマ足」の方が気持ちいいのではないだろうか。

その場合大切になってくるのが、朝、家を出てから帰宅するまで一日中脱げにくいフットカバーであること。レッグウェア製造卸販売の岡本から今月発売されたばかりの「脱げない ココピタ」は、フットカバーの課題であった“脱げる不快感”を独自技術で解決した商品だ。

フットカバーの理想は、「薄くて・浅くて・脱げない」こと。しかしながら、同社の調査によると、約9割の人が“脱げてしまう”ことに不満を持っており、約5割の人は“脱げたフットカバーが邪魔で歩きにくい”と感じていた。


そこで岡本では、足の動きと生地の伸縮の研究から「コの字型ストッパー」を独自開発。このストッパーが、かかとをしっかりホールドし「脱げにくい」を実現。ココピタを履いて朝の通勤前から帰宅までの1日を過ごしてもらう実験を行ったところ、96%の人が「1回も脱げなかった」と回答しているとか。

「脱げない ココピタ」の価格は350円(税抜)。この価格で、パンプスの中でフットカバーがクチャクチャになるあの不快感から解放されるなら、ぜひ試してみたい。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事