流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

世界が注目するスリランカの蟹レストランが4夜限定でOPEN

このエントリーをはてなブックマークに追加


丸の内にある「シャングリ・ラ ホテル 東京」で、9月25日(火)~28日(金)の期間、2018年度「アジアのベストレストラン 50 (Asia’s 50 Best Restaurants)」に選ばれたスリランカの蟹専門レストラン「ミニストリー・オブ・クラブ (Ministry of Crab)」の4夜限定ポップアップレストランがオープンする。


スリランカ最大の都市コロンボにある「ミニストリー・オブ・クラブ」は、2011年にオープン。店名の和訳“蟹省”が意味するとおり、スリランカ産の高級蟹で大きなハサミが特徴の“ノコギリガザミ”を使ったメニューのほか、新鮮なシーフード料理を提供するレストランだ。アジアにおけるレストランランキングとして世界の美食家から注目を浴びる食の祭典「アジアのベストレストラン 50」に2015年から4年連続で選出されたほか、国別のベストレストラン賞を2016年から3年連続で受賞している。


スリランカ人の父と日本人の母をもつムニダーサ氏が手がける料理は、隠し味に醤油を使ったり、日本料理のように出汁にこだわるなど、食材の魅力を最大限に引き出す調理法で現地でも大人気だ。

ロンドンやシドニー、香港や上海、シンガポールやモルジブですでにポップアップレストランが開催され、今回は満を持しての日本初開催となる。

今回のポップアップレストランのメニューは、“ペッパークラブ”を含む5品で構成されるスペシャルコース。1日4回開催で定員は各回20名。料金は1万8000円(税・サ料込み、飲み物なし)。予約は8月1日(水)12:00から、「シャングリ・ラ ホテル 東京」Webサイトまたは電話にて受け付ける。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事