流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

明治座145周年記念!チームラボが“時とともに変わる緞帳”を制作

このエントリーをはてなブックマークに追加


チームラボが、東京で最も長い歴史を持つ劇場「明治座」の創業145周年を記念し、日々段々と移り変わる緞帳「四季喜昇座 – 時を紡ぐ緞帳」を制作。4月11日(木)より常設、一般公開となる。


「四季喜昇座 – 時を紡ぐ緞帳」は、伝統的な緞帳のきめ細やかな装飾をデジタルによる映像表現で再構築し、4K解像度と同等の高画質で制作。

縦7mx横20mの緞帳には、「明治座」の前身である喜昇座が誕生した文明開化ごろの日本橋の町並みと人々の営みが描かれ、当時の多様な職業や、歴史上の人物も登場する。


また作品世界は、実際の日本橋の時間や季節、天候と連動して日々変わっていき、それに合わせて人々の営みも変わっていく。日本橋の日の出とともに明るくなり、日の入りが近づくと夕焼けになり、夜が深くなるにつれ暗くなり、実際に雨が降っているならば、緞帳の中の世界でも雨が降るという仕掛けだ。


さらに季節に合わせて、凧揚げ、花見、祭り、雪景色などの季節の営みも見ることができる。

作品は緞帳の為、原則として「明治座」主催公演の開演前、該当のチケットを持っている人のみの観覧となるので、「明治座」の公演をチェックしてぜひ訪れてみて!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事