流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

圧巻の景色!千葉・印旛沼に1万5000本のひまわりが咲き誇る

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、フォトジェニックな“朝焼け・夕焼け”が見られると話題になっている千葉県北部の湖沼・印旛沼。東京から1時間とアクセスも良く、人気急上昇中の観光スポットだ。

そんな印旛沼湖畔に位置し、オランダ風車がシンボルの「佐倉ふるさと広場」では、7月6日(土)~21日(日)の期間、「風車のひまわりガーデン」を開催する。

「佐倉ふるさと広場」は4月のチューリップが有名だが、一面に広がる7月のひまわりも素晴らしく、オランダの画家・ゴッホにちなんで命名されたひまわりが約1万5000本咲きそろう。朝・昼・夕方と、さまざまな表情を見ることができ、特に刻一刻と色が変わる夕暮れ時の景色は圧巻!日本とは思えない絶景が堪能できる。


また、イベント期間中は摘み取り区画にて、1本100円(1人2本まで)でひまわりの摘み取りをすることもできる。

「佐倉ふるさと広場」の入場は無料。この時期しか見られないオランダさながらのひまわり畑へ、ぜひ足を運んでみて。

■「佐倉ふるさと広場」
住所:佐倉市臼井田2714番地

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事