流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

往年の洋楽ポップスをピアノ伴奏で歌おう!女声・男声別“伴奏CD付”楽譜

このエントリーをはてなブックマークに追加


5月24日(日)、洋楽ポップスの名曲を豪華なピアノ伴奏で楽しめる楽譜「ピアノと歌う 男声/女声のための 洋楽スタンダード『ピアノ伴奏CD付』」が発売される。

往年の洋楽ポップスをピアノと楽しむ

男声/女声版でそれぞれ楽しめる同2冊は、エルトン・ジョンやビリー・ジョエル、クイーンなど、往年の洋楽スタンダードポップスを、ピアノ1本の伴奏で“歌い映え、聴き映え”のするボーカル&ピアノアレンジでまとめたもの。価格はいずれも2800円(税別)。

森田花央里氏によるオリジナル編曲で、音源のイメージを残しつつも、ピアノ1本の伴奏だからこそできる、Jazzの要素を含んだアコースティックな音楽を堪能できる楽譜となっている。

それぞれ、アーティストやキーによって、女声と男声に分けられているが、男女問わず、歌いたい曲やキーによって、どちらのバージョンも選択してもOK!

ピアノと歌う 男声のための 洋楽スタンダード

「ピアノと歌う 男声のための 洋楽スタンダード」の収載曲は、エルトン・ジョンの「ユア・ソング」や、クイーンの「ウィー・アー・ザ・チャンピオン」、ビリー・ジョエルの「ピアノ・マン」、フランク・シナトラの「マイ・ウェイ」など計10曲。

ピアノと歌う 女声のための 洋楽スタンダード


「ピアノと歌う 女声のための 洋楽スタンダード」の収載曲は、カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」や、キャロル・キングの「君の友達」、ダイアナ・ロスの「イフ・ウィ・ホールド・オン・トゥゲザー」のほか、男声版にも収載されているキー違いのサイモン&ガーファンクル「明日に架ける橋」やビリー・ジョエル「オネスティ」など計10曲。

ピアノ伴奏CD付きなので、伴奏者がいない、ピアノがないといった人でも気軽に名曲を歌って楽しむことができる。

この機会に洋楽スタンダードに親しんで、おうち時間を充実させてみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事
#