流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

走るダイニング列車「丹後くろまつ号」 2020年秋冬商品を発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加


京都丹後鉄道の走るダイニング列車「丹後くろまつ号」2020年秋・冬コースが、10月9日(金)から運行される。7月9日(木)より、公式サイトにて先行予約が順次受付スタート!

走るダイニング列車「丹後くろまつ号」

「京都丹後鉄道」では、沿線の魅力を堪能できる“丹鉄FOOD EXPERIENCE”をコンセプトにした走るダイニング列車「丹後くろまつ号」を運行。

沿線地域の旬の食材をふんだんに使用し、同地の文化や歴史をテーマに同列車のために特別に作られたコース料理が堪能できる。

2020年の秋・冬運行の全4コースはこちら。

金土日・祝日の運行コース


北近畿のこだわり食材をつかった旬の恵みを五感で楽しむ「欧風朝食コース」6800円(税込)は、福知山10:10発/天橋立11:53着。


戦国時代を丹後の食で楽しむ「戦国イタリアンコース」<天橋立ワイン飲み放題つき>1万2000円(税込)は、天橋立12:48発/西舞鶴14:50着。

上記の2コースは金土日・祝日の運行となる。

土日・祝日の運行コース


また、「丹後くろまつ号」のために特別につくられた4種スイーツプレートを楽しむ「絶品スイーツコース」4800円(税込)は、西舞鶴15:30発/天橋立16:32着。


味わい深い宮津遺産認定の地肴と地酒で宮津を存分に楽しむ「宮津の地肴コース」<ハクレイ酒造の地酒3種飲み放題つき>5200円(税込)は、天橋立17:05発/西舞鶴18:19着。

こちらの2コースは土日・祝日の運行となる。

全コースお土産付き!

全コースともお土産つきというのも嬉しいポイント。定員は1コースあたり30名のところ、現在感染症対策のため予約は各20名までで、3カ月前の同日午前10時より予約を受け付ける。全席買取・返席不可の場合は3カ月以前より受付可能。

また丹鉄沿線の1日フリーきっぷが1枚750円の特別価格で購入できるという「丹後くろまつ号」の利用特典もあり!コースの詳細や感染症対策については、公式サイトで確認を。

「丹後くろまつ号」で、車窓からの自然豊かな絶景と丹後の土地でしか味わえない絶品料理を堪能してみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事