流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

阿波踊りを踊れない夏は“阿波尾鶏”を食す!関東の飲食店が合同でフェア開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


食べて徳島を感じる「阿波尾鶏フェア」開催!

徳島県の地鶏“阿波尾鶏”を使った料理を食す「阿波尾鶏フェア」が、8月中旬~9月の期間、首都圏の100店舗以上の飲食店で行われる。

中止となった夏の風物詩が背景に

今年は、徳島県の夏の一大イベントである「阿波おどり(踊り)」が新型コロナウイルス感染症の影響で中止に。県の人口をはるかに超える100万人以上の来場者が毎年訪れる「阿波おどり」は、多くの人が徳島県に足を運ぶ機会となっていた。

そんななか、コロナによって遠方への旅行や帰省を控える人が多いいま、少しでも徳島県を身近に感じてもらおうと、同フェアを開催することが決定した。

また、新型コロナウイルス感染症による飲食店の営業自粛などで、食材を提供する地方の一次生産者も影響を受けており、その支援も担っている。

様々なジャンルの“阿波尾鶏”料理を堪能

“阿波尾鶏”は、程よい歯ごたえの肉質で、コクと甘みと旨みに定評があり、全国の出荷数1位を誇る徳島県の地鶏ブランドだ。

同フェアは、徳島県のアンテナショップ「TurnTable」を中心に、首都圏の様々なジャンルの飲食店がオリジナルの“阿波尾鶏”を使った料理を考案し、ふるまうもの。

さらに、店内に“阿波尾鶏”や徳島県の雰囲気を感じるポスターやPOPを掲示することで、「食」に加えて「目」でも徳島県を感じ、楽しめるような取り組みが行われる。

ちょっとした旅行気分を味わいながら、美味しい地鶏料理を堪能してみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事