流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

国内初!環境に優しい100%植物性の食品用エコラップ「Earth Wrap」新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


環境保護やプラスチック資源の削減に対する意識が向上しているなかで、使い捨ての食品ラップの削減に関心を持っている人もいるのでは?

そんななか、国内初となる100%植物性原料の食品用エコラップ専門ブランド「Earth Wrap (アースラップ)」が誕生。8月20日(金)より、商品の販売が始まった。

葉っぱで包み込むような植物性「エコラップ」

繰り返し使えることで、使い捨ての食品用ラップに代わる環境配慮型の商品として注目を集めている「エコラップ」。コットン生地にワックスや樹脂をコーティングして作られるもので、プラスチックフリーの100%生分解性の素材でできている。


一般的なエコラップは動物性原料の「ミツロウ」を使用しているが、「Earth Wrap」は“100%植物性原料のみ”で作られているのが特徴だ。

100%植物性原料

日本人は古くから抗菌・防腐作用のある植物を活かし、食品を包むために柿の葉や竹皮などの植物を利用してきた。

「Earth Wrap」はその思想を現代に活かし、中米に自生するキャンデリラ草が分泌するキャンデリラワックスを使用。また、食べ物に直接触れることもあるものなので、コーティング剤の原材料のうちホホバオイルを除く全ての原料が食品として認可されている原料を使用している。


野菜や果物、おにぎりやサンドウィッチを包んだり、お皿やボウルなどの蓋にしたり、さまざまなシーンで使えてゴミを削減することができる。

遠州織物を使用したタイプも


2タイプある生地のうちの一つは、静岡県の遠州地方に伝わる「遠州織物」を使用。希少な超長綿を使用して低速の織機で紡がれる生地は、高密度で強度が高いのにふんわりと柔らかい独自の手触りを持つ。

この特性を生かした「Earth Wrap」は、一般的なエコラップよりはるかに薄いため、さまざまな形の食品や食器にフィットする。

さらに同商品は、サイズ展開が豊富な商品バリエーションも魅力。ラインアップは「Earth Wrap」公式オンラインストアで確認しよう。

植物性の「Earth Wrap」を使って、エコな暮らしをしてみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事