流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

無印良品「炊き込みごはんの素」シリーズに新商品2種が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加


無印良品は、ごはんをよりおいしく楽しむための『炊き込みごはんの素』シリーズより、「炊き込みごはんの素 いかと生姜のごはん」「炊き込みごはんの素 沖縄風豚角煮ごはん」の2種を、9月9日(水)から全国の無印良品とネットストアで発売中だ。

北海道と沖縄の郷土料理がお手本

「炊き込みごはんの素 いかと生姜のごはん」450円(税込)、「炊き込みごはんの素 沖縄風豚角煮ごはん」450円(税込)は、北海道と沖縄の郷土料理をお手本にしたもの。いずれも、お米2合用で2~3人前となっている。炊き上がった後に入れて仕上げる具材やソースを別添えにしており、新米が出回り始めるこの時期には特にオススメだ。

食欲の秋にピッタリ!


「炊き込みごはんの素 いかと生姜のごはん」は、北海道の“いかめし”をお手本に、輪切りのいかを使い、千切り生姜を合わせたもの。昆布だしをベースに、いかの旨みを生かし、しっかりとした醤油味のごはんに炊き上がる。炊き上がり後に別添えの乾燥野菜のねぎを入れ、少し蒸らして仕上げよう。


「炊き込みごはんの素 沖縄風豚角煮ごはん」は、沖縄県の“じゅーしい”をお手本に、国産豚肉を使い、ひじきとれんこん、しいたけを合わせたもの。かつおと昆布だしがしっかりきいた、醤油や砂糖で味付けした甘めのごはんが炊き上がる。炊き上がり後は、別添えのシークワーサーソースをかけることで、シークワーサー果汁の爽やかな酸味が豚肉の甘みを引き立てる。

なお、今回、うるち米ともち米を合わせた「国産おこわ米」約2合/390円(税込)も同時発売。「炊き込みごはんの素」と一緒に使用することでもちもちした食感のごはんが炊け、おこわのような仕上がりになるので、試してみて!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事