流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

株式会社Catalu JAPAN

カタルスペースを提供するCatalu JAPANが東京ガスと事業提携。飲食店でのサービスの導入を推進。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Catalu JAPANは東京ガスと事業提携を行い、コロナ渦で来店数減少により苦境に立たされている飲食店の収益確保の新たな手法をご提供します。

1.取り組み内容
株式会社Catalu JAPAN(以下、当社)は東京ガス株式会社(以下、東京ガス)と業務提携契約を締結致しました。当社が提供する、製品を全国の店舗に簡単に展示・販売する仕組み「カタルスペース」を用いて、東京ガスのガスまたは電気をご契約されている飲食店を中心に物販による売上高の増加やPR活動をサポートします。東京ガスと協力し、コロナ渦で苦難に直面している飲食店に対して新たな収益確保の手法の一つとして提案していきます。

2.カタルスペース概要
当社は全国の店舗(飲食店、サービス業等)のスペース(棚やレジ脇、壁等)に製造業者や職人の製品を展示・販売できるサービス「カタルスペース」を提供しています。製品のターゲットになる顧客層が来店する店舗に展示する事により、確実に製品を認知させる事ができます。また店舗には予めQRコード・NFCチップを内蔵したプレートを設置してありますので、そこから任意の情報サイト・イベントサイト・ECサイトへの誘導にまで繋げます。
例えば、ふと入ったカフェのレジ横に製品が展示してあったり、美容室の鏡台の上に製品が展示してあったり、実際に試用や試食頂くことにより、製品と消費者との間に接点を作ります。
2019年4月に「カタルスペース」をスタートし、現在では100を超える店舗様に導入頂いております。
2020年7月にカタルスペースに成果報酬型タイプとECモール機能を追加し、これまでの製品の新たなプロモーション手法・スペース活用のプラットフォームとしての位置付けに加え、コロナ渦に対応した新たな販売手法・収益化のプラットフォームとして再始動しました。

3.提携の背景
コロナ感染拡大の影響に伴い、飲食店、サービス業は危機的な状況に陥っております。また、製品を販売するメーカー側も展示会等が中止となり、従来の販路開拓手法では顧客にアプローチできない状況となっております。当社の「カタルスペース」ではコロナ渦でも売上を確保できる仕組みとなっており、来店数減少により売上が減少している店舗の方や販路開拓にお困りの製造業者の方に是非、ご利用いただきたいと考えております。今回の提携により、東京ガスのガスまたは電気をご契約されている飲食店を中心に店舗売上の底上げ、副収入の確保、店舗認知度の向上をご支援します。

4.提携内容
飲食店が「東京ガスのおしごとサポート」(https://eee.tokyo-gas.co.jp/lp/oshigoto/)から特典つきでカタルスペースのサービスが利用できます。

■株式会社Catalu JAPANの概要
会社名:株式会社Catalu JAPAN
代表者:代表取締役 吉本 正
所在地:東京都千代田区神田錦町1-17-1
事業内容:製造者と店舗を繋ぐプラットフォーム「カタルスペース」の企画・開発・運営
HP:https://catalu.jp

■東京ガス株式会社の概要
会社名:東京ガス株式会社(東京瓦斯株式会社)
代表者:代表取締役社長 内田 高史
所在地:東京都港区海岸1-5-20
事業内容:都市ガスの製造・供給および販売、リキッドガス事業、LNG販売等、電気の製造・供給および販売、海外における上流事業、中下流事業、エンジニアリングソリューション事業、ガス器具、ガス工事、建設等、土地および建物の賃貸・管理等、情報処理サービス事業、船舶事業等
HP:https://www.tokyo-gas.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る