流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

READYFOR株式会社

「Readyfor ふるさと納税」にて、鹿児島県錦江町が第一号プロジェクト「ICT活用型学習教室(遠隔ライブ事業)の開設」を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

READYFOR株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役CEO:米良はるか、以下「当社」)が運営する自治体向けクラウドファンディング「Readyfor ふるさと納税」にて、鹿児島県錦江町(町長:木場一昭)が初のクラウドファンディングプロジェクトとなる「ICT活用型学習教室『錦江町MIRAI寺子屋塾』の開設プロジェクト」を開始いたします。
「Readyfor ふるさと納税」は、返礼品重視の従来のふるさと納税とは異なり、「資金用途」を明確にし、共感を集めることで資金とファンを集めるクラウドファンディングの特徴を自治体向けに展開したプログラムです。
(Readyfor ふるさと納税URL:https://readyfor.jp/lp/furusato_shien/index.html)

■クラウドファンディング実施背景
鹿児島県錦江町は、全国の過疎地と同様に急速な人口減少・少子高齢化とそれに起因するさまざまな課題を抱えています。学校では複式学級の増加や、学習塾に通うにも車で隣町まで家族が送り迎えしなければならない負担から、子どもたちに学ぶ意欲があっても諦めざるをえない状況といった、教育機会における地域格差も課題になっています。こうした厳しい現状を逆手に取り、子どもたちに希望あふれる未来を創り繋いでいくため、2016年に町の総合戦略を抜本的に見直し、『錦江町「MIRAI」づくりプロジェクト』(地方創生事業の総称)がスタートしました。
本プロジェクトの一環で、児童生徒の基礎学力とICTリテラシーの向上を目的に、これまで夏休み・冬休みを利用したweb遠隔授業の実証実験を首都圏企業と連携しながら2年前から進めてきました。更に、町民・出身者・行政が一緒になって「ふるさと納税寄附金」の使い道を考える政策提言コンテストを2017年に実施したところ、「子どもたちが学べる塾を作る」という提案が多数寄せられ、それをきっかけに常設の学習教室としてICT活用型学習教室「錦江町MIRAI寺子屋塾」の開設プロジェクトがスタートしました。
今回のクラウドファンディングでは、「錦江町MIRAI寺子屋塾」開設プロジェクトへの支援を全国に募り、教育機会の地域格差を解消し、子どもたちの基礎学力とICTリテラシー向上を目指して取り組んで参ります。

■プロジェクト概要
「教育格差をなくすため、錦江町にICT活用型の新たな学習教室を。」
実行者 :木場一昭(錦江町長)
目標金額:120万円
形式 :寄附型/All-in
公開期間:2019年4月19日(金)~5月31日(金)23時
資金使途:学習機材(PC15台、タブレット5台)購入費
概要 :「なりたいもの、やりたいことがある子どもたちが、夢にチャレンジできる町。そして彼らを本気で応援できる町」を実現するため、首都圏の企業と連携し、ICTを活用した遠隔授業を行う学習教室「錦江町MIRAI寺子屋塾」を開く。
(URL:https://readyfor.jp/projects/kinko-ict

■READYFOR株式会社について
READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大級のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。2011年3月のサービス開始から10,100件以上のプロジェクトを掲載し、58万人から81億円以上の資金を集め、国内最大級のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。(2019年4月時点)「カンブリア宮殿」をはじめ様々なメディアに掲載され、2016年6月サービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る