トレンドニュースサイト STRAIGHT PRESS【 ストレートプレス 】

株式会社THINKR

Guiano、新曲「Da Ba Du」配信全編 LAにて撮影したMVも公開

このエントリーをはてなブックマークに追加

5月22日(水)にALLT STUDIO所属アーティスト・Guianoの新曲「Da Ba Du」がリリースとなりました。また、同日19時からはオリジナルMVも公開されます。
■5/22 (水) 新曲「Da Ba Du」配信開始
5月22日(水)にGuianoの新曲「Da Ba Du」が配信となります。
ジェットコースターの様に様々な展開を見せるアレンジと、エナジェティックで力強い歌唱と歌詞が耳に残る、Guiano節全開だった前作「Good Style」に続くリリース「Da Ba Du」。
中毒性のあるワードチョイスとリズミカルで軽快なリズム、Guainoらしい熱い言葉。パンチのある歌唱とラップ。次から次へと展開される構成。一曲の中の様々な要素からGuainoのアーティストとしての個性と強さを感じられる、一聴すると頭から離れないポップソングとなっています。

2024.05.22 Release
Digital Single
Guiano「Da Ba Du」
(ALLT RECORD)

Lyrics, Music & Arrangement: Guiano
Recording & Edited by Kensuke Maeda
Mixed by D.O.I. (Daimonion Recordings)
Mastered by Tsubasa Yamazaki (Flugel Mastering)

Streming / Download:
https://lnkfi.re/Guiano_DaBaDu_240522

■初の海外ロケとなった全編LA撮影のMVも公開
さらに、Guianoにとって初の海外ロケとなった、全編アメリカ撮影を敢行したMVも公開となります。ロサンゼルスの街やカリフォルニアの荒野でGuianoが今作を歌い上げています。
監督は前作「Good Style」に続いて、杉山弘樹が担当。

〈杉山弘樹コメント〉
曲を聞いたら海外で撮るしかないと思ったので、最少人数で弾丸撮影してきました。
LAの街とカリフォルニアの荒野で、自分を信じて歌うGuianoを映したMVです。
マメカラかわいい。

■5月22日 (水) 19:00 プレミア公開
Guiano - Da Ba Du (Official Music Video)
https://youtu.be/SVFxmDYOBMI ;

MV Credit
Director / Cam: Hiroki Sugiyama
Stylist: Taiji Goto
Producer: Ryo Kato (THINKR)
Assistant Producer: Chihiro Iida (THINKR)

■Guianoプロフィール

当時13歳だった2014年に「ペルヴェルセ」をニコニコ動画に投稿しボカロPデビュー。 以降、コンスタントにオリジナル楽曲を投稿し続ける。
2017年「シャナ」で初の殿堂入りを果たし、2018年に発表した「死んでしまったのだろうか」も殿堂入りを果たす。2018年10月に発表した「無題」より、自身でボーカルをとった楽曲も発表し始め、更に注目を集める。
2019年11月、ボカロPとしての6年間の活動を総括したベスト盤的な1st Album「Love & Music」を2枚組でリリース。
ロックアレンジのPがシーンの多くを占める中、バンドサウンドに留まらずEDM、トロピカルハウスからシティポップ、ピアノバラード、アコースティックまでジャンルや日本という枠にはまらない音楽性は異彩を放っている。今思春期を過ごす若者や、子供のまま大人になってしまった現代の大人たちの核心を突いてくる言葉とその歌声に尾崎豊を連想するという声も。
2020年からはボカロPとしての活動に区切りをつけ、自分の声で歌っていくことを選ぶ。
令和時代の活躍が期待される新世代の吟遊詩人。
北国の歌が東京に降り注ぐ。

YouTube https://www.youtube.com/Guiano ;
Twitter https://twitter.com/GuiAnoDayo ;
Instagram https://www.instagram.com/guianodayo/
TikTok https://vt.tiktok.com/Uyvur3/ ;
YouTube (ゲームCh.) https://www.youtube.com/channel/UC780hQwJ1tDrq9m7r1yNO6A 

THINKR https://thinkr.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る