流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

セガトイズ

前代未聞!ペットのお産を応援する玩具、この秋人類初体験!「ねこ、産んじゃった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

--猫のぬいぐるみを撫でると、子猫が生まれる仰天サプライズ-- --猫の鳴き声や、産気づく鳴き声も再現--

株式会社セガトイズ(本社:東京都台東区、社長:佐々木章人、以下セガトイズ)は、前代未聞のペットのお産を応援する玩具「ねこ、産んじゃった」を、2019年10月31日(木)に発売いたします。

これまでにない、ペットのお産や授乳を体験できる
「ねこ、産んじゃった」は、これまでにない、ペットのお産や授乳を音声付きで体験できる商品です。妊娠している猫のぬいぐるみには感知センサーが付いており、背中を撫でてあげると、「にゃ~、にゃ~」と反応し、お世話をすることができます。背中を撫で続けてあげると、「ゴロゴロ」という産気づく鳴き声に変わります。産気づいた猫の応援をしていると、お産の準備が整い、子猫を取り出してあげます。無事産まれた子猫には、お乳をのませることができ、本物の授乳さながらの、「ゴクゴク」や「ウッ」といったゲップなども聞くことができます。撫でたり可愛がってあげるという自分が起こすアクションによってペットが変化していく様子を、一連の流れで体験できる本商品は、お子さまにかつてない驚きをお届けします。自分の行動によって身近な動物の変化を体験でき、家族みんなが笑顔になれる「ねこ、産んじゃった」を、是非お楽しみください。

新鮮な驚きが盛りだくさんのお産応援を、何度でも楽しめる!
子どもは2歳ごろから母性本能が芽生えてくるといわれています。その小さな母性本能により、お世話するのが好きになってきます。「ねこ、産んじゃった」は、貴重なお産の応援や、お世話してあげる体験を一度だけでなく、何度でも体験することができます。

また、本シリーズは猫だけでなく、犬、うさぎも同時発売いたします。猫同様に、お産を応援する感動体験を心ゆくまで存分にお楽しみください。

<商品概要>
■商品名:夢ペット 産んじゃったシリーズ ねこ産んじゃった! / いぬ産んじゃった! / うさぎ産んじゃった!
■同梱内容:本体(ぬいぐるみ)、赤ちゃん(ぬいぐるみ)、 首輪(布)、エサ(紙)、エサ入れ(紙)、取扱説明書、アンケートハガキ
■商品本体サイズ: 幅380×高130×奥150mm
■素材:ぬいぐるみ(親、子):ポリエステル、ナイロン、PS/本体ユニット:ABS
■連続使用時間:約12時間
■使用電池:単3×2本(別売)
■対象年齢:3才以上
■価格:各5,800円(税別)
■発売予定日:2019年10月31日(木)
■著作権表記:(C)SEGATOYS 2019
■販売流通:玩具専門店、量販店、雑貨販売店、通信販売など

***
セガトイズは、国内のみならず海外においても、小さなお子さまからお年寄りまで心から楽しんでいただけるエンタテインメントをお届けしています。世界中の人々に「楽しい時間」と「絆」を提供するという強い想いの下、玩具だけにとどまらず、飲食施設や様々なキャラクターなどを通して、これまでにないライフスタイルを提供し、新しい感動を体験していただいています。
1991年の開業以来、常に革新し続けており、近年は大人と同じデジタルデバイスを子どもでも安全に扱える「ディズニーキャラクターズ マジカル・ミー・ポッド」が絶大な人気を博しているほか、3歳児でも楽しめる電動ドライバーを付属したDIYキット「アンパンマン くみたてDIY」シリーズ、レジンアクセサリー作りを、他業界でも使われている素材を用いることで安全なメイキングトイに進化させた「ぷにジェル」、世界中で大人気の子ブタのキャラクター「ペッパピッグ」の国内展開など、次々と楽しい時間と絆を創出するエンタテインメントを打ち出し、さらなる進化・成長を続けています。

【株式会社セガトイズ Webサイト】
http://www.segatoys.co.jp/
【株式会社セガトイズ 会社概要】
■会社名: 株式会社セガトイズ(英文:SEGATOYS CO., LTD.)
■会社URL: http://www.segatoys.co.jp/
《セガトイズお客様相談センター》
TEL 0570-057-080 (ナビダイヤル) 電話受付時間:月~金 10:00~12:00、13:00~17:00 (除く祝日)

セガとセガロゴは株式会社セガホールディングスまたはその関連会社の登録商標です。
SEGA and SEGA logo are registered trademarks of SEGA Holdings Co., Ltd. or its affiliates.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る